ナイツ塙、ゆりやんレトリィバァのR-1グランプリ決勝1本目のネタはピン芸の「ツッコミ不在で笑いを増幅しづらい」欠点を上手くカバーしていたと評価

2021年3月8日配信のYouTubeチャンネル『ナイツ塙の自由時間』の「上石神井ラジオ」で、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、ゆりやんレトリィバァのR-1グランプリ決勝1本目のネタはピン芸の「ツッコミ不在で笑いを増幅しづらい」欠点を上手くカバーしていたと評価していた。

塙宣之:ゆりやんの何が素晴らしいってね、やっぱりツッコミがいないからどうしても笑いが増幅していかないんだよ、ピン芸人って。漫才はもう、本当に二人でやるから増幅していくじゃない。

でも、ゆりやんの昨日の1本目のネタは、もう増幅させるじゃん。だから、あれは頭いいんだよ、やっぱり。ツッコミをしてるっていうのが。

ゆりやんももう、百戦錬磨で。最後の出番だったでしょ。で、見事にみんなそういうネタやってなかったでしょ。

だから、ツッコむネタっていうのは、小田さんとか陣内さんとかもそうなんだけど、やっぱり笑いが増幅するわけ。

かといって、もうやってるじゃん、もうみんな陣内さんみたいな。ああいう、この普通のものに、ツッコんでいくっていうものの発想と、やっぱりボケ数と手数は絶対に多くなるから。やっぱりゆりやんは凄いと思ったし。



ナイツ ザ・ラジオショー

本日の人気記事