赤江珠緒、ピエール瀧が『たまむすび』を去るも「赤江さん、楽しかったなぁ」の一言に「その言葉だけで十分」だと思ったと告白

2019年8月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、電気グルーヴ・ピエール瀧が同番組を去るも、「赤江さん、楽しかったなぁ」の一言に「その言葉だけで十分」だと思ったと告白していた。

赤江珠緒:私もね、この7~8年、瀧さんとご一緒させていただいて、本当に木曜日はスペシャルウィークも、全部「リスナーさん参加型の企画をやろう、なるべくラジオに出てもらおう」っていうのも、全部瀧さんがそういう信念でやってたんですよ。

土屋礼央:うん。

赤江珠緒:「リスナーさんが主役だから、リスナーさんたちにできるだけ楽しんでもらえることをする」っていうのを、毎週、毎回、毎回木曜日は、あんなふざけた大人だったんですけれども。

土屋礼央:うん。

赤江珠緒:それは、一緒にやってた私が一番、感じてた部分で。「ああ、やっぱりそういう思いで、このラジオの番組をやってたんだな」っていうのは、凄く思いました。

土屋礼央:うん。

赤江珠緒:それがね、少しでもリスナーさんに伝わればいいなって思うのと、あとはもう…まぁ、世間様からはね、当然色んなことも言われるだろうし、罪を償うために、瀧さんも色々やらなきゃいけないことは、これからもあるだろうけども。

土屋礼央:うん。

赤江珠緒:私はもうなんか、身内っていうか。同僚としての感想としてね、ちょっとだけ言わせて欲しいのが…私的に凄く腹立ってたし、私たちスタッフも、あの事件が起きた時には「何やってんだ!」って。

土屋礼央:はい。

赤江珠緒:なったんですよ。で、保釈されて電話がかかってきた時に、本当にここはガツンと怒らねばならぬ、と思いながら電話に出たんですけど。

土屋礼央:はい。

赤江珠緒:その時に瀧さんが、『たまむすび』は数ある、たくさんあるお仕事されてた中でも、自分が本当に一番素に近い、ほぼ素の状態でできる仕事だったから。

土屋礼央:はい。

赤江珠緒:たくさんやってる仕事の中では、吹けば飛ぶような仕事なんだけど(笑)「だけど楽しかった。赤江さん、楽しかったなぁ」って言ってくれて。

土屋礼央:うん。

赤江珠緒:なんかその言葉を聞いた時に、「ああ、そうだね」と思って。うーん…なんかねぇ。私の中ではそれでも、一緒に7年かな、8年かな。やらせていただいた甲斐があったなって。「その言葉だけで十分だな」っていう気持ちに、私はね。

土屋礼央:はい。

赤江珠緒:同僚としては、なってしまったという経緯もありました。



たまむすび

本日の人気記事