千原ジュニア、クイズ番組で「他番組で出題された問題」が出題されて「答えを知っていた」と打ち明けるべきか迷う瞬間があると告白

2021年1月15日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、クイズ番組で「他番組で出題された問題」が出題されて「答えを知っていた」と打ち明けるべきか迷う瞬間があると告白していた。

ケンドーコバヤシ:クイズ出す時、答え言っちゃったこともありますしね。

千原ジュニア:ああ、それはあるか。

ケンドーコバヤシ:はい。あの時、まぁ何か上手くごまかしたけど、スタッフの何とも言えない顔と、このパネラーのめちゃめちゃ頭切れる奴の「なるほど」っていう顔が、未だに忘れられないですよもんね。

千原ジュニア:あと、あれどうする?知ってる問題出された時。

ケンドーコバヤシ:ああ…これね。

千原ジュニア:これがねぇ。

ケンドーコバヤシ:知ってる問題出る時は、「知ってました」って、後で言います。

千原ジュニア:いや、でもそれが「やったー!」ってやったら、コバが知ってるってことを知ってはる視聴者もいるわけやん。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:最初にその問題を出された時のコバは知らんわけやん。

ケンドーコバヤシ:うん、うん。

千原ジュニア:で、また別の番組で同じ番組を出された。

ケンドーコバヤシ:はい、はい(笑)

千原ジュニア:「この問題、コバヤシさん知ってる」って知ってる視聴者がいて、2回目に正解した時に、「知ってました」って言われへんやん。

ケンドーコバヤシ:いや、言いますよ。「知ってたんです、たまたま」って。

千原ジュニア:クイズで?

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:それはお前、大分、空気悪くなるで。

ケンドーコバヤシ:でも、僕なんかは「なんで分かったの?」って聞かれたりするんで。

千原ジュニア:ほう、ほう。

ケンドーコバヤシ:「なんでこんなの知ってんの?」って。

千原ジュニア:ああ、クイズ番組の体質にもよるか。結構ガチガチの…たとえば『雑学王』とか。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ピリついてるやつとか、特番の初めてで、「これをなんとか成功させたい」みたいなピリついたクイズ番組で知ってるやつ出てきた時に、「これ、知ってたんです」とも言われへんような空気の時あるやん。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:あの時に、タレントとして嘘をつくべきか、芸人としてちゃんとすべきか、人間として…みたいな葛藤あるよな。

ケンドーコバヤシ:いやぁ、人間とりますね、そこは。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:人間とるでしょ。



にけつッ!!

本日の人気記事