赤江珠緒、伊集院光に挨拶をされるも分からずに挨拶せず通り過ぎてしまったところ阿部千聡Pに「赤江さん、伊集院さんを無視したんですか?」と言われて驚く

2021年1月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、伊集院光に挨拶をされるも分からず、挨拶せずに通り過ぎてしまったところ、阿部千聡プロデューサーに「赤江さん、伊集院さんを無視したんですか?」と言われて驚いたと明かしていた。

赤江珠緒:TBSの玄関入ってきて、今、入り口のところでね、消毒液とか置いてあって、すれ違うようになってるじゃないですか。

博多大吉:はい、はい。

赤江珠緒:で、何人かの方とすれ違った時に、「おめでとうございます」みたいなことを言われて。でも、向こうから来てる人が、誰も知ってる人じゃないから、「私かな?いや、私じゃないな」って。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:テレビ局、いっぱいすれ違いますから。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:何も言わずに、ズンズン進んだんですよ。

博多大吉:うん、うん。

赤江珠緒:っていうのも、久しぶりに仕事来ると、あんまり人波も見てないから、若干、いっぱい人が来ることに目が慣れてなくて、若干、ボカすっていうか。

博多大吉:うん、うん。

赤江珠緒:渋谷の交差点とかも、いっぱい人が歩いてる時、ちょっとフォーカスボカしません?

博多大吉:あえて自分でね、シャッタースピードを調整するっていうか。

赤江珠緒:全部に一個一個、焦点を合わせてたら疲れるんで、ボカしながら玄関入ってたんです。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:そしたら、「おめでとうございます」って言われた、その3人の内の1人、2人を見ても「あ、違う」って思って。そしたら、「ああ…」って、笑ってる声もして。「私だったのか?」って。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:「TBSの知り合いって言ったら、昔やってた『この差って何ですか?』のスタッフだったのかな?」なんて。

博多大吉:なるほど。

赤江珠緒:「まぁまぁ、いいやいいや」って。

博多大吉:スタッフさんの数も多いですからね。

赤江珠緒:しかもマスクしてる時は、分からない。そういうもんだって。伊集院さんが朝の番組で、談春さんと東京駅で会った時に、全然気づかなかったって話をされてた。「マスクしてるから分からないよね」って話をされてた。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:しょうがない、しょうがないってって思って、今、ここに来たんです。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:そしたらね、アベ子Pがゲラゲラ笑いながら入ってきて。

博多大吉:ほう、ほう。

赤江珠緒:「赤江さん、伊集院さん無視したんですか?」って言われて(笑)「ええ?!」って。

博多大吉:え?その相手、伊集院さん?えーっとね、パッと言いたいの2つね。

赤江珠緒:はい(笑)

博多大吉:まず伊集院さんって、そう見間違えないでしょ。

赤江珠緒:私も、「ウソ~」って思って。

博多大吉:凄い個性的な体型をされてるから。

赤江珠緒:「伊集院さんを見逃すって、私…」って思って。

博多大吉:うん、僕、マスク姿の伊集院さんと何回かすれ違ったことありますけど、百発百中で当てますよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

博多大吉:すれ違い様っていうか、後ろ姿でも分かるよ。

赤江珠緒:だから私も信じられなくて、そう言われるまで。「ウソ~」って思って。2021年大丈夫か、みたいな。

博多大吉:ねぇ。

赤江珠緒:幸先不安になるスタートで(笑)

博多大吉:視界をボヤかしてたかもしれませんけど、まず伊集院さんを見逃すっていうのがまずありえない話。

赤江珠緒:そうでしょ。

博多大吉:そして、もう一つは、先週あれだけ挨拶の大切さをこの番組で説いたはずなんですけどね。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)そうですね(笑)

博多大吉:吉本のマネージャーを通じて。

赤江珠緒:「分からなくても、間違ってても挨拶しろ」と(笑)

博多大吉:まだ一週間ですよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

博多大吉:舌の根も乾かぬうちに。「ごめんなさいね、迷惑かけて」って言ったら、「いや、いいんですよ。挨拶は大事ですから」みたいなことをおっしゃってたあなたが。

赤江珠緒:そうでしたね。「伊集院さんを見逃すとはなぁ」って思って。

博多大吉:ふふ(笑)



たまむすび

本日の人気記事