オードリー若林、マヂカルラブリーのM-1グランプリ2020優勝ネタが「あれは漫才じゃない」と批判されていることに「賞レース後の論争、20年前からずっとあるじゃん」

2020年12月26日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、マヂカルラブリーのM-1グランプリ2020優勝ネタが「あれは漫才じゃない」と批判されていることに、「賞レース後の論争、20年前からずっとあるじゃん」などと語っていた。

若林正恭:そう言えばさ、M-1のあれでさ、なんだっけ?「あれは漫才じゃない」みたいに言われてる論争があんじゃん。

春日俊彰:うん。

若林正恭:あれってさ、俺と春日がさ、お笑い始めた20年前からさ、賞レースの後とか言うじゃん、そういうこと。

春日俊彰:ああ、言うね。

若林正恭:ずーっと。でさ、俺、江ノ島とか行く時に、暴走族とかを見かけると、海沿いの。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:バイクも、乗ってる人のビジュアルも、俺が15歳の時に江ノ島で見た絵と全く一緒なのよ。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:暴走族が。

春日俊彰:ああ、なるほど。たしかにそうか。

若林正恭:だから、タイムスリップしたみたい、「あ、まだいるんだ」って思うけど、絵は全く一緒なんだけど、乗ってる人は変わってるわけじゃん、世代交代して。

春日俊彰:そうだね。

若林正恭:だから、そういうことなんだろうなぁと思って。20年前からずっとあるじゃん、「あれは漫才じゃない」みたいな論争、賞レース後に。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:だから、乗ってる人は変わってんだろうな。言ってる人は変わってるんだろうな。新人の「あれは漫才じゃない」って言ってる人が現れてるのかなぁって思ってたの。

春日俊彰:うん。

若林正恭:でも、一番怖いのは、世代交代してなかったら怖いなぁって思って。

春日俊彰:ずっと言ってるってこと?

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:20年前に「あれは漫才じゃない」とかって言う人が、ちょっと老けて(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:「あれは漫才じゃない」って(笑)

若林正恭:それが一番の暴走族だなぁって思って(笑)

春日俊彰:たしかにね。40ぐらいの暴走族がいたら怖いもんね。

若林正恭:ふふ(笑)ちょっと落ち着いた走りになるじゃない、ハーレーとかで。ゆっくり走って、法定速度守りながらになるじゃない、ツーリングが楽しいとか。

春日俊彰:うん。

若林正恭:同じ人が蛇行運転してたら怖いなぁって思ってさ(笑)一番怖ぇなぁって思ったんだよね(笑)

春日俊彰:たしかに怖いね。どうにもできない、自分で処理できない若者のエネルギーみたいなのを、40になってまだどうにもできない(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:なんか発散するものあるだろうって(笑)

若林正恭:怖いでしょ、でも。ずっとあるもんな、ああいうの。「誰々と設定かぶってる」とか、ジメジメ、ジメジメさ、言うじゃん。

春日俊彰:うん、そうね。

若林正恭:あるよな、ずっとな。

春日俊彰:しょうがないんだろうね。

若林正恭:そういうもんなんだろうな。

春日俊彰:うん。

若林正恭:そんだけ盛り上がってるってことでもあるよね。

春日俊彰:まぁ、そうだね。それだけ新しいものというかね。



オードリーのANN

本日の人気記事