東野幸治、『幻ラジオ』でのネタトークを真に受けた朝日放送のプロデューサーがゴルフシューズ持参で謝罪に来たと明かす「ホンマに怒ってたら『幻ラジオ』で喋りません」

2020年12月6日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第91回にて、お笑い芸人・東野幸治が、『幻ラジオ』でのネタトークを真に受けた朝日放送のプロデューサーがゴルフシューズ持参で謝罪に来たと明かしていた。

東野幸治:以前、『幻ラジオ』で喋ったんですけど。岡村君と二人でやってる、1年に1回、去年もやって、今年も年末に報道するんですけど、「吉本G-1グランプリ」って言って、ゴルフが誰が一番上手いかっていう大会があって、二人でMCやってるんです。

その話、『幻ラジオ』でしてるんですけど、それでゴルフウェアのスポンサーがついてて。「ゴルフウェア持って帰っていいですよ」って、「ラッキー、ラッキー」思って、普段買わないから。

持って帰るため、紙袋に入れて。で、ゴルフシューズもね、新しいゴルフシューズ履いてたから、自分のゴルフシューズ、ボロボロやからって言って、これも持って帰ろうって、紙袋に入れて。

みんなで、新大阪、駅行くから。ゴルフする芸人、出場した芸人と一緒に行くから、スタンバイしたらなかなか出発せぇへん、おかしいな、こっちチラチラ見てるなぁと思ったら、マネージャーが来て。「すみません、ゴルフシューズは返していただきたいんです」っていうのをね、幻ラジオで喋ったんです、「こんな恥ずかしいことないで」みたいな。

それに対する、「申し訳ございません」で、くれたんですって。いやいやいや…こんなんもう、輩じゃないですか。幻ラジオで、「あれくれると思ったら、くれへんかった」って言って。それをスタッフがね、幻ラジオを聞いて、「怒ってるで」ってなって、大至急買いに行って渡すって。なんかちょっともう、ヨゴレ芸人みたいでしょ。

「いや、そんなつもりないんです」って、「申し訳ございません」って一応謝って。「でも、気持ちですからいただいときます」って。いただくんかいって話ですけど。ここにね、あるんですよ。

だから、これ幻ラジオで、これからこういうエピソードで、こんなことがあった、あんなことがあったって言いますけど、関係者の方、怒ってませんから、俺。俺、ホンマに怒ったこと、こんな『幻ラジオ』で喋りませんから。何にも怒ってません、ネタですから、どうか皆さんそれで動くんやめてください。

ゴルフシューズ、見たんですよ。アディダスでめちゃめちゃ嬉しいんですよ。唯一ちょっと違うのが、僕、27.5のゴルフシューズ履くんですけど、これ26センチなんですよ。今履いたらね、入らないんですよ。

いや、違いますよ。27.5のやつよこせって言ってるんじゃないです、もう本当に俺、足の爪切って履きますから、なんとか。先っぽ切って履きましから、もういらないですから、これだけで結構でございますから、やめてください。ヨゴレじゃないんで、本当に。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事