山里亮太、流れ星・ちゅうえいの優しさに気づかず睨みつける瀧上に「一番ヤバい時の俺を見ているようです」

2020年11月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、流れ星・ちゅうえいの優しさに気づかず睨みつける瀧上伸一郎に「一番ヤバい時の俺を見ているようです」などと語っていた。

山里亮太:あんだけちゅうえい、ブチキレて喧嘩してんのに、瀧上の天然エピソード…「いや、コイツね、こんなツッコミで、俺できるみたいな空気出してるけど」って言って、天然エピソードとか入れてあげてるあたりの、ちゅうえいの器のデカさ、優しさ。で、それに気付かず睨みつける瀧上。

本当に俺を見てるようです(笑)南海キャンディーズ、一番ヤバい時の俺を見ているようで。で、ウチはありがたかったのが、それがこぼれてたかもしれないけど、ああやってショーアップされなかったから。

あれをやっぱ、見せちゃったわけじゃない、あの感じ。ウチも…ウチ、見せてないよね?見せてたっけ?ウチはそうだ、事後だよね。終わった後にそれを言うようになって、「実は…」のパターンだもんね。

向こうは、進行形を見せちゃってるから。いや、本当に…だってさ、電話で出てもらった時、ちゅうえいのギャグって、めちゃくちゃ面白いじゃん。たとえばそれが、瀧上が作ってたとしてもよ、やっぱね。

レシピ書いてるからって、それが美味くなるとは限らないじゃない。そこにちゅうえいらしさがあるからで。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事