山里亮太、パンサー向井は『王様のブランチ』MCを虎視眈々と狙う「ベビーフェイスの野心家」だと語る「サンキューバカに隠れて(笑)」

2020年11月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、パンサー・向井慧はTBS系の番組『王様のブランチ』MCを虎視眈々と狙う、「ベビーフェイスの野心家」だと語っていた。

パンサー向井のメール:お疲れ様です。吉本興業・パンサーの向井です。先日は、『あの子の夢を見たんです』の特番、ありがとうございました。

山里亮太:そう、今度放送するんだけど。滝沢カレンちゃんと私とで。一回ね、スピンオフ的な感じで、ドラマじゃなくて、これからのドラマの見どころと、あと滝沢カレンちゃんが原作読んでくれてて、そこで思った質問とかをするんだけど、もう角度がエグ過ぎてさ、質問の。

俺の脳内を、滝沢カレンの目を使って覗く、みたいなスタンスなんだけど。まぁ、めちゃくちゃなんだけど、それを向井がMCでいてくれて、完璧に回してくれたの。

やっぱすげぇなぁっていう。向井が、これご本人じゃない?だと思う、これ。

パンサー向井のメール:『新SHOCK感』、出させていただきたいところなんですが、ガッツリ『ブランチ』派の人間なので申し訳ありません。素敵な後輩が名乗り出ることを期待して聴いています。

山里亮太:そっか、裏切ってくんないか、あっちを。そうね、だってさ、結構次の司会候補の一人じゃない?だって。

だって空いたもんね、あそこが。あの枠が。向井は狙ってるだろうなぁ。ベビーフェイスの野心家だからね。そりゃそうよ、あんだけ能力あって、今もうサンキューバカに隠れて(笑)

その才能をさ、ゆっくり磨いてんだから。で、そこに菅さんっていう、本当に凄いプレーンがいるわけだから。それはパンサーはどこのタイミングで行ったるかっていうのを。しかも、ブームに乗らないって技やってるからね、凄いのが。

だから本当、ブーム的なところはサンキューバカが背負ってくれて、やってくれてるから。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事