山里亮太、流れ星・瀧上は天然ボケであることを認めず「オードリー若林と同じレベルだと思っている」と指摘「足下にも及ばないのに(笑)」

2020年11月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、流れ星・瀧上伸一郎は天然ボケであることを認めず「オードリー若林と同じレベルだと思っている」と指摘していた。

山里亮太:先にそれ(山里亮太、流れ星・ちゅうえいを批判する瀧上に対する「おぎやはぎ矢作の正論」が響かない理由を語る「コンビ仲が激悪だったのを経験した私から言うと…」)を経験した俺から言うと、もう答え一つよ。「瀧上、調子乗んな」っていう。

本当にダメって言えるけどでもまぁ…「お前が言うな」の極みでもあるんだよね(笑)俺はもうもっと酷いから、それの。

でもなぁ…いや、俺はだからちゅうえいのあの顔を見たくないのよ。俺たちの大好きなさ。ご陽気の象徴じゃない、ちゅうえいって。

それがさ、あんなさ。でも、ちゅうえいカッコイイのは、この前見ててね。怒りながら…瀧上って、本当『ミレニアムズ』の時から、みんな言ってたのよ。瀧上って、本当面白いのよ、天然で。でも、本人が認めないのよ。いい天然って、本当に認めないから。

マジで瀧上って、どっかで若ちゃんと同じレベルだと思ってるから。足下にも及ばないのに(笑)

でも、若ちゃんでもできないような、天然の爆発力を持ってるんだよ。っていう凄さを認めないから、本人が。ずっとクレバーだと思っちゃってるからさ。もったいないんだよね、本当。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事