放送作家・高須光聖、『水曜日のダウンタウン』は「芸人やタレントの手の内を知っている」視聴者を「もう一個面白くする」企画で楽しませていると指摘

2020年11月3日配信開始となったYouTube上の「カジサック KAJISAC」チャンネルにて、放送作家・高須光聖が、『水曜日のダウンタウン』は「芸人やタレントの手の内を知っている」視聴者を「もう一個面白くする」企画で楽しませていると指摘していた。

放送室 1 [ 松本人志/高須光聖 ]

高須光聖:ニッチなところを突いてくるような笑いを、それこそ今『水曜日のダウンタウン』やってる藤井とかは…

カジサック:はい。

高須光聖:これもよく言うねんけど、世の中の人がテレビのルールを結構知ってるから。

カジサック:うん。

高須光聖:『アメトーーク』のように、「芸人生理ってこうなんだ」っていう上で、成り立ったトークをしてるやん。

カジサック:はい、はい。

高須光聖:そんなの昔、なかったわけやん。

カジサック:はい。

高須光聖:手の内を知らずに笑ってた。

カジサック:そうですね。

高須光聖:でも、その手の内をバラした上で、もう一個面白くするっていう。

カジサック:うん。

高須光聖:だから、「ここまで行ったら、ヤバイんじゃない?」っていうのを心配してくれんのよね。

カジサック:ああ、そうか。昔、そんなのなかったですもんね。

高須光聖:だから、『水曜日のダウンタウン』っていうのは、ずっとその縁を歩いてて、「ヤバイんちゃう?落ちるんちゃう?これ」みたいな。

カジサック:うん。

高須光聖:その落ちるラインの企画であるっていうものを吸い上げてると、世の中の人も、「ええんか?それ」みたいな。

カジサック:たしかに。

高須光聖:ちょっとワクワクしながら、その別に大きな笑いがあるわけじゃないけど、その視点とその目線っていうのを楽しんでるっていうような、バラエティの作り方は多分あるんやと思うけどね。

カジサック:なるほどね。

高須光聖:それを分かってるが故の企画の作り方っていうのはあると思うね。

カジサック:『水曜日のダウンタウン』は分かりやすいですね、その辺ね。

高須光聖:それは藤井の優秀なところやと思うね。



カジサック

本日の人気記事