放送作家・高須光聖、『ロンドンハーツ』のマジックメール企画は実体験を元にして提案したものだったと告白「女の子がメールを誤送信してきて…」

2020年11月3日配信開始となったYouTube上の「カジサック KAJISAC」チャンネルにて、放送作家・高須光聖が、『ロンドンハーツ』のマジックメール企画は実体験を元にして提案したものだったと告白していた。

放送室 1 [ 松本人志/高須光聖 ]

高須光聖:『ロンドンハーツ』で、マジックメールって言って、メールを誤送信して。

カジサック:はい。

高須光聖:「好きやねん、あの人」って。友達にメールしてるふりして、その男の人にメールしてしまうっていうのがあんねんけど。

カジサック:はい。

高須光聖:これ、ホンマに俺にあったのよ。

カジサック:実際にあった?

高須光聖:「いいなぁ」って思ってる人がおって。その子がなんか夢を見て。違う女の子と、なんか占いの人に聞いてもらってて。

カジサック:はい。

高須光聖:「それって、どういうこと?」って、俺のところに誤送信してるのよ。俺と途中、メールしてて。

カジサック:はい、はい。

高須光聖:そしたら、なんか俺のことがちょっと好きっぽいことを書いてしまってんのよ。

カジサック:はっはっはっ(笑)

高須光聖:その瞬間に、男って態度変わるやん。

カジサック:はっはっはっ(笑)

高須光聖:「ええ?!」って思って。「俺のこと好きなの?」って思った瞬間に、言葉尻、変わってくんのよね。

カジサック:はっはっはっ(笑)

高須光聖:「どんどんいくぞ」みたいな。怖ないから。見えたから、心の中。

カジサック:はっはっはっ(笑)

高須光聖:「やったー!」って思うわけよ。で、「こんな気持ちってあんねんなぁ」って思うのを、ロンハーの会議で言って、「こんな企画やれへん?」って話して。「分かるわぁ、そんなことあるんですね」って。

カジサック:はい。

高須光聖:「いやぁ、ビックリしたよ」っていうので、生まれていったりするから。結構、自分の恥ずかしい恥部だったりもするわけよね。

カジサック:ああ、そうっすね。リアル体験なんですね。

高須光聖:そうね。そんなんから生まれたりもするなぁ。

カジサック:凄いなぁ。



カジサック

本日の人気記事