東野幸治、千原ジュニアに「コスプレ衣装の購入帰り」とバレるのがイヤで無視して素通りした過去を告白「バレたらイジられる…」

2020年11月1日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第81回にて、お笑い芸人・東野幸治が、『映像研には手を出すな』金森さやかのコスプレを『ワイドナショー』スタッフに衣装を依頼して行ったと告白していた。

東野幸治:何でしょうか。僕が言うのもなんですけども、53歳ハロウィン、コスプレ。「寒い、寒い。こんなもん誰がすんねん」と。

昔、喋ったかな。ハロウィンが出だしの頃、子供がインター行ってて、ハロウィンパーティーするって言って、みんなするから、親もハロウィンでコスプレせなアカンっていうふうに言われて。

それがイヤでイヤで。でも、まぁね、他の家族もお父さんがニコニココスプレしてるからって言って、俺も心を無にして、スーパーマンの衣装買って、帰りに車で帰ってる時に、千原兄弟の千原ジュニアが誰かとね、草野球して行きか帰りか分からないけど、歩いてたんですよ。

「あ、ジュニアや」と思って、「挨拶したろう、ビックリするやろな」と思ったけど、俺の運転している車の横の席には、スーパーマンの衣装があって。「これバレたらイジられるな。『にけつ』でなんか言われるな」って思って、怖くなって無視して素通りしたんですよ。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事