ナイナイ岡村隆史、結婚相手を「この人を逃したら、もうアカン」と思ったのは「後ろ姿を見た時」だったと告白「この人でないとダメだ」

2020年10月26日放送のABCテレビの番組『なるみ・岡村のすぎるTV』(毎週月 23:17-24:17)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、結婚相手を「この人を逃したら、もうアカン」と思ったのは「後ろ姿を見た時」だったと告白していた。

なるみ:どんな存在?

岡村隆史:本当に、「この人を逃したら、もうアカン」って思ったんですよ。「もう無理や」って思って。

なるみ:それ、どういう時に思うの?夜寝る時とか?

岡村隆史:これは僕だけかもしれませんけど、後ろ姿とか見た瞬間に、「この人でないとダメだ」って。

なるみ:奥さんが料理とか作ってくれてる時、それを見て思ってたんや?

岡村隆史:はい、そう思ってました。

なるみ:韓国ドラマか。

岡村隆史:はっはっはっ(笑)

なるみ:見すぎちゃう?

岡村隆史:ふふ(笑)

なるみ:一緒に見てた?

岡村隆史:はい、見てました。

なるみ:昔も言うてたな、「DVD見よう」って誘うとか。

岡村隆史:はい。

なるみ:「その気なかったら、帰って欲しい」とか言うてたもんな(笑)

岡村隆史:はい、そういう時期ありました(笑)若い時ね。

なるみ:一緒に楽しく見れんねや?

岡村隆史:そうです。一緒に、このドラマって。この間、言ってたんですけど、『悪魔の手毬唄』『獄門島』を見ましたって言ったんですけど、それも一緒に「うわ、怖っ」って言いながら、一緒に見てくれてたんです。

なるみ:見てくれてたんや。

岡村隆史:「こんなんイヤやわ。他の見ようや」っていう感じではなくて、しっかり『獄門島』食いついてましたから。

なるみ:ああ、本当?(笑)

岡村隆史:そういうところも合うんやなぁって。

なるみ:合うんやろなぁ。

岡村隆史:「なんで今?なんで金田一耕助シリーズ?」って言わずに普通に見てくれてましたから。そういうところも合うんやろうなぁって。



TV番組

本日の人気記事