おぎやはぎ矢作、『めちゃイケ』で現在だったら大炎上しそうなことが行われていたと語る「加藤浩次の喘息の吸入薬が放り投げられた」

2020年10月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの矢作兼が、フジテレビ系の番組『めちゃめちゃイケてるッ』で、現在だったら大炎上しそうなことが行われていたと語っていた。

小木博明:加藤さん、喘息じゃん。

矢作兼:そうだよ。そしたら、さっきの話(おぎやはぎ矢作、とんねるず石橋貴明のYouTube動画を見て改めて地上波のテレビ番組は「冗談通じない人の基準に合わせなきゃいけない」と思ったと語る)に近いけど、喘息の時にシュシュっとやる、浩次くんのあのね、特徴ね。

小木博明:はい。

矢作兼:あれ、『めちゃイケ』とかで投げられてたからね(笑)

小木博明:はっはっはっ(笑)

矢作兼:随分前。

小木博明:大分前ね(笑)投げてたね。

矢作兼:うん。

小木博明:あれ、気管が開くんでしょ?

矢作兼:開く。

小木博明:うん。

矢作兼:昔、あれがなくなっちゃって。病院にね、行ったことがあったよね。

小木博明:ああ。もう本当にあれがなくなるとヤバイわけでしょ。

矢作兼:(肺炎で)心配だよ。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事