大竹まこと、蛭子能収との共演が「大嫌い」な理由を告白「意図しない偶発的な笑いを作り出して、勝てないんだよ」

2020年10月14日放送の文化放送系のラジオ番組『大竹まことゴールデンラジオ』にて、お笑い芸人・大竹まことが、蛭子能収との共演が「大嫌い」な理由を告白していた。

大竹まこと:落語なんかもそうだろうけど、(理論的に)組み立てていくことと、その外側(偶発的に生まれる笑い)。

伊集院光:うん。

大竹まこと:俺たちは、その外側にいる人たちと、共存しなきゃいけないから。

檀蜜:そうですね、今後一緒に生きていかなきゃいけない。

大竹まこと:俺、もう本当、蛭子能収と一緒にやるの大嫌いなんだよ。

伊集院光:はい、はい。

大竹まこと:外側なんだよ、アイツ。

伊集院光:はっはっはっ(笑)

大竹まこと:もう。

伊集院光:外も外ですよ。

大竹まこと:勝てないんだよ。

檀蜜:っていうか、上空レベルですよね。

伊集院光:ヘタしたら違う次元ってやつですよね。

檀蜜:新しい次元からきたみたいな。

伊集院光:そうなんですよ。でもなんか、そこの中で、一個目指してる…はおかしなことになるんですけど。

大竹まこと:うん。

伊集院光:今、緻密な予定を組んだ旅に出て、それが失敗するのが凄い好きです。

大竹まこと:ああ、なるほど。

伊集院光:計算しつくした、「ここで何分のコミュニティバスが来て」みたいなのやるんですけど、まぁそれがとにかくなくなるんですよ。

大竹まこと:それはでも、蛭子能収超えってことだよね。

伊集院光:はっはっはっ(笑)

大竹まこと:狙いとしては、知を持って蛭子能収を超えたやろうって行為だよね、多分。



大竹まことゴールデンラジオ

本日の人気記事