伊集院光、狩野英孝が偶発的に生まれたギャグ「スタッフ~」を多用することに「怖くねぇのかな」と思った理由

2020年10月14日放送の文化放送系のラジオ番組『大竹まことゴールデンラジオ』にて、お笑い芸人・伊集院光が、狩野英孝が偶発的に生まれたギャグ「スタッフ~」を多用することに「怖くねぇのかな」と思った理由について語っていた。

大竹まこと:狩野英孝が、ギャグじゃないんだけど、ある日から「スタッフー」って言い出した、と。

伊集院光:「スタッフー」っていうギャグがあって。

大竹まこと:それを連発すると面白いって。それに伊集院がどう反応したんだっけ?

伊集院光:俺、衝撃的で。狩野英孝君と初めて会った時、お笑いの話になって。その「スタッフ~」が超ウケてたんだけど。

檀蜜:はい。

伊集院光:自分はそんなウケるつもりもなくて、ただ「スタッフ~」って言ったらみんなが凄い笑うから、「俺、これ多くしたんです」って。

大竹まこと:うん。

伊集院光:で、言い方も「スタッフ~」ってより抑揚をつけてったら、「なんかウケるんですよ」って言って、その時も「スタッフ~」ってやってんですよ。

大竹まこと:うん、うん。

伊集院光:怖くねぇのかなって思って。要は、こういう理由で作ったギャグがウケたからこうしたってことじゃなくて、「なんかウケるんで、ここ増やしたんですよ」って、彼は明るくそれを言うんですよ。「得した」って感じで。

大竹まこと:うん、うん。

伊集院光:自分は心のどこかに、「笑わせたい」っていうのがあって。

大竹まこと:伊集院の側からすれば、理詰めでドーンと。

伊集院光:そう。

檀蜜:作り込んだ末の。

伊集院光:そう。

大竹まこと:だから、それは自信を持てるんだけど。でも、狩野の場合はある日、言ってみたらウケちゃった、と。

伊集院光:うん。

大竹まこと:ちょっと多用しよう、と。

伊集院光:それがなんか俺は、何か理屈がないと怖くてしょうがないから。たとえば、「これぐらい、このタイミングでしばらく言ってない『スタッフ~』をコントの中に入れると、よりウケるんだ」とか。

大竹まこと:うん。

伊集院光:「最初は弱めに言ってたやつを途中で強くするとウケるんだ」みたいなのがお笑いの作り方だって思ってたから。

大竹まこと:うん。

伊集院光:なんか分からないけど、とてつもなく恐ろしいものを見たような。



大竹まことゴールデンラジオ

本日の人気記事