爆笑問題・太田、日本芸能史上「一番、番組を終わらせてきたのは俺」と自負していると告白「1クール、2クールで終わった番組の数も凄い多い」

2020年8月24日配信開始となったHulu動画『太田上田』#123にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、日本芸能史上「一番、番組を終わらせてきたのは俺」と自負していると告白していた。

太田光:俺、相当番組を終わらせてきたと思うんだよ。

上田晋也:そう思う。

太田光:うん。俺、本当にそうなんだよ。

上田晋也:うん。

太田光:多分、日本芸能史上、一番番組を終わらせてきたの俺だと思う。

上田晋也:ふふ(笑)不名誉だよ(笑)

太田光:多分たとえば、たけしさんの世代って、たしかに終わってるけど、あの人たち、長寿番組多いのよ。

上田晋也:まぁまぁ。

太田光:で、代表番組やって、ゴールデンやって。それが長寿が残って新番組もわりと長くやる。

上田晋也:うん。

太田光:そうするとね、深夜の細かいのとかってやってないじゃん。

上田晋也:まぁまぁ、そうね。

太田光:中継ぎ的な番組とかもさ、あの人たちやってないじゃん。

上田晋也:うん。

太田光:そうすると、そんなに番組の数としてはやってないから。

上田晋也:うん。

太田光:で、俺らぐらいがゴールデンに行くまでにまず深夜をいっぱいやって。

上田晋也:うん、そうね。

太田光:で、ゴールデンやって、朝やって、生やって、ワイドショーみたいなのやって…って、色んなことやってんだよ、俺ら。ポジションが定まらないからね。

上田晋也:うん。

太田光:で、1クール、2クールで終わった番組の数も凄い多いのよ。

上田晋也:ああ、そう。

太田光:うん。終わる時の経験は物凄いするけど、いつも悲しいね。

上田晋也:うん。

太田光:で、「爆笑さんでこの次の枠、決まってます」と。でも、こっちのレギュラーは入れ替えますって時は、何も悲しくない(笑)

上田晋也:はっはっはっ(笑)最低だな(笑)ゴミだよ(笑)

太田光:そういうこと結構多い(笑)



太田上田

本日の人気記事