山里亮太、吉本興業・岡本社長のパワハラ発言で誤解して欲しくないと「吉本興業愛」を熱弁「俺たちを売るため、死ぬ気で動いてくれる人たち」

2019年7月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、吉本興業・岡本社長のパワハラ発言で誤解して欲しくないと「吉本興業愛」を熱弁していた。

山里亮太:昨日の会見と、先輩たちの会見を見て、世の中の人たちがどう思うかって。それがいろいろ、周りのちゃんとしてる人たちが、この前のとか、色んな事実を踏まえて、ちゃんと話してくれて。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:で、かつ今回の件で、加藤さんの言葉とか、宮迫さんとか亮さんの言葉とかで、なんか今ある色んなモヤーっとしたものの、ちゃんとした答えが早く出て欲しいな、と。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:で、吉本って聞くだけでさ、「パワハラ会社の人たちの芸なの?」って思われて、笑いづらいみたいになっても…

赤江珠緒:ああ、そうだよね。

山里亮太:そうでしょ?

赤江珠緒:笑いを売る人たちがね。

山里亮太:今日、だって来る前にさ、何個かエピソードトークしてさ、みんな笑ってなかったけど、あれって俺のこと、パワハラ受けてる人って…

赤江珠緒:ふふ(笑)

山里亮太:シンプルにスベってたからか。

赤江珠緒:ふふ(笑)ごめん、ごめん。それはそうだったと思うよ(笑)

山里亮太:ごめんなさい。下ネタだったのに笑ってくれないからさ。

赤江珠緒:ふふ(笑)いや、みんながみんな、『たまむすび』、下ネタだから笑うってわけじゃないのよ(笑)

山里亮太:今ね、このタイミングでこのセリフ言うとね、凄い誤解が生まれるんだよなぁ…

赤江珠緒:うん。

山里亮太:あれ、冗談なんだよ。

赤江珠緒:ふふ(笑)

山里亮太:下ネタ、結構言ってたの。

赤江珠緒:それは使いづらい言葉になるね、ワードとして(笑)

山里亮太:俺たちさ、お笑い会社・吉本に入ったのに、ちょっと笑いづらい存在になったら、怖くない?

赤江珠緒:そうだねぇ。

山里亮太:あとは吉本怖ぇ、みたいにならないで欲しいの。

赤江珠緒:そうだね。

山里亮太:「吉本って、そんなヤバイ会社なんだ」って思う人がいたらアレなんだけど。いや…分かんない。

赤江珠緒:ふふ(笑)まぁまぁ、山ちゃん、落ち着いて(笑)

山里亮太:一個言わせて。あのね、俺がいるところの周りには、お笑いが大好きで、そういう凄い芸人さんを作りたいって言ってる人しかいない、吉本の社員さんは。

赤江珠緒:ああ。

山里亮太:マネージャーさんはみんな、凄いお笑い好きで、芸人が大好きで、「この人と一緒に組んで、この人が成功するのを見たいんです。だから私たちは、どんな時間を削ってでも頑張ります」って言ってる人しかいないから。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:今、上の人が言ってる怖いイメージを持ってる人が減って欲しいのと、若手の子たちも、この会社に「夢も希望もない」って思わないで、頑張るとそんなに自分のためにめちゃくちゃやってる、自分のためにめちゃくちゃ時間を使ってくれて、自分たちを愛して、俺たちを売るために死ぬ気で動いてくれる人たちがいる会社だから、ウチの会社はちゃんと。

赤江珠緒:なるほど。

山里亮太:その人に必ず頑張ってれば出会えるから、今の時点で「この会社って、こんなヒドイんだぜ」って嫌って、多分、このタイミングで出てく人もひょっとしたら多いかもしれないけど、その選択肢の前に、ちゃんともうちょっと頑張ればね。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:俺のことを、こんなに喋れるように…偉そうか分からないけど、ここで喋れるようにするために、2000年にデビューして…

赤江珠緒:社員や色んな人たちがここまで押し上げてくれて。

山里亮太:そうなのよ。

赤江珠緒:その上で、プレイヤーの人たちが、プロとしてプレイヤーの仕事をするって感じだからね。

山里亮太:そう。いるから。俺、一生頭上がらない社員さんが山程いるもん。



たまむすび

本日の人気記事