赤江珠緒、吉本興業・岡本社長が「松本さんは…」などと会見で発言したことに苦言「社長は、社長のプロでないとダメじゃない」

2019年7月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、吉本興業・岡本社長が「松本さんは…」などと会見で発言したことに苦言を呈していた。

赤江珠緒:一般的に、私達もこの業界、付き合わせてもらって、プレイヤーの人たちと接することが多いから。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:「ああ、そういう熱意を持って、プロとしてそこでやってるんだな」って思うんだけど。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:だけど、昨日の会見で一個だけ思ったのは、社長は社長のプロであらないとダメじゃない。

山里亮太:うん、うん。

赤江珠緒:芸人さんは、プレイヤーのプロとして頑張ってるんだから。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:社長のプロとして記者会見した時に、なんか急に途中でね、「松本さんは…」とか言うのは、違うと思うのよ。

山里亮太:ああ。

赤江珠緒:社長は一番上として自分の器で、「ウチの松本は…」っていう感じで、あの場ではいないと。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:「みんなを俺は守る。一番最後の砦です」って立場でいないと、そこはプロの社長の会見にはごめん…

山里亮太:元々、マネージャーさんだったからね、ダウンタウンさんのね。

赤江珠緒:うん。そこは色んな思いがあって、交錯されてたのかもしれないですけど。

山里亮太:まぁね。

赤江珠緒:それは一般的には「あれれ…」って見えちゃったかもしれないね。

山里亮太:「あれれ…」はあるよね。「あれれ…」とはみんな思うよ、そりゃ(笑)

赤江珠緒:会社である以上、それぞれのプロとしての役割を果たさないと…っていう。

山里亮太:そうなのよ。

赤江珠緒:山ちゃんは、山ちゃんでプレイヤーのプロとして、ここは一つお願いしますよ。ドッカン、ドッカン、『たまむすび』でこの2時間半、お願いしますよ。

山里亮太:赤江さん、ちょっと聞いて欲しいんですけど。

赤江珠緒:なんですか?(笑)

山里亮太:俺、セミプロなのよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)ごめん、ごめん、初耳だわ(笑)

山里亮太:そうなの。甘えん坊のセミプロなの(笑)

赤江珠緒:そうだったか(笑)



たまむすび

本日の人気記事