ロッチ・コカド、M-1やキングオブコントなどの賞レースで決勝一本目で高得点を叩き出して二本目で失速することを「ロッチ現象」と不名誉にも名付けられてしまったと語る

2020年8月21日放送の北海道放送の番組『ジンギス談!』(毎週金 24:20 – 24:51)にて、お笑いコンビ・ロッチのコカドケンタロウが、M-1グランプリやキングオブコントなどの賞レースで決勝一本目で高得点を叩き出して、二本目で失速することを「ロッチ現象」と不名誉にも名付けられてしまったと語っていた。

コカドケンタロウ:(キングオブコント2015決勝)一回目で過去最高点で。

タカ:あ、そうだ。

トシ:はい、はい。

コカドケンタロウ:で、その後、ニ本目で過去最低点ちゃうかってぐらいのスベリ方で。

トシ:「伝説のロッチ現象」って言われてんの?今(笑)

コカドケンタロウ:その時は言われたなかったですけど、その後、ジャルジャルとかが…

中岡創一:一本目、バーンとウケて。

コカドケンタロウ:M-1でやったりとか。

トシ:ああ。

中岡創一:二本目がちょっと落ちてる時に、ツイッターで「ロッチ現象」って(笑)

コカドケンタロウ:その後、チョコプラとかね(笑)

トシ:チョコプラもそうか。

コカドケンタロウ:チョコプラも二本目の最中にSNSで「ロッチ現象」ってなってくんですよ。

トシ:ふふ(笑)

コカドケンタロウ:見てたんですよ、SNS。でも、ただ一人だけ「ロッチはこんなスベリ方じゃねぇよ」って(笑)

トシ:はっはっはっ(笑)「こんなもんじゃなかった」って?(笑)

コカドケンタロウ:「こんなもんじゃねぇよ」って(笑)



ジンギス談

本日の人気記事