とろサーモン久保田、番組の大事な打ち合わせ中にiPhoneで電話が鳴ってSiriが「歌舞伎町の背の低いキャバ嬢」と登録名を読み上げ続けたと暴露される

2020年7月31日放送の北海道放送の番組『ジンギス談!』(毎週金 24:20 – 24:51)にて、お笑いコンビ・とろサーモンの久保田かずのぶが、番組の大事な打ち合わせ中にiPhoneで電話が鳴ってSiriが「歌舞伎町の背の低いキャバ嬢」と登録名を読み上げ続けたと暴露されていた。

村田秀亮:スマホで名前登録するじゃないですか。

トシ:はい。

村田秀亮:なぜか、この設定にしてるかはホンマ謎なんですけど。

トシ:はい。

村田秀亮:電話が鳴ったらね、Siriの声で登録者の名前読み上げる設定にしてて。

トシ:はい、はい。

村田秀亮:たとえば、マネージャーからかかってきたら、「マネージャー、マネージャー、マネージャー…」って、出るまで呼び上げるんですよ。

トシ:ああ。Siriが言うんだ。

村田秀亮:まずその設定にしてんのがキモいし。

タカ:はっはっはっ(笑)たしかに知らなかったわ、そういう設定。

村田秀亮:で、前にテレビの大事な打ち合わせがあって、わりと真剣な話をしてたんです、ディレクターさん、プロデューサーさんいて。で、久保田おって、僕おって、話してたら、久保田の携帯が鳴りました。。

トシ:はい。

村田秀亮:もう驚愕ですよ。Siriから聞こえてきた声が、「歌舞伎町の背の小さいキャバ嬢、歌舞伎町の背の小さいキャバ嬢…」って。

タカ・トシ:はっはっはっ(笑)

村田秀亮:早よとれ!とれ、とれ、早よとれ!聞かすな、この声。

タカ:はっはっはっ(笑)

村田秀亮:Siriもイヤやで、あれ言うんも。

トシ:久保田さん、これは事実ですか?

久保田かずのぶ:事実ですよ。事実やけど、なんとなくタカトシさんも分かるでしょ?「あの子、何だっけかな?」って時、目に入ったもので入れたりしがちじゃないですか。

タカ:特徴をね。名前だけだと思い出せないから特徴でっていうね。

久保田かずのぶ:それで僕、入れてるんですよ。「タンクトップタトゥー女」とか。

トシ:やめろ!Siriに言わすなよ、そんなの。

タカ:ふふ(笑)タンクトップいらねぇだろ(笑)



ジンギス談

本日の人気記事