狩野英孝、ウンナン・出川哲朗らはマセキ芸能社からの給料明細もなく「お金がなくなったら5万円ずつもらうお小遣い制度」だったと明かす

2020年8月14日放送の北海道放送の番組『ジンギス談!』(毎週金 24:20 – 24:51)にて、お笑い芸人・狩野英孝が、ウッチャンナンチャン・出川哲朗らは、マセキ芸能社からの給料明細もなく、「お金がなくなったら5万円ずつもらうお小遣い制度」だったと明かしていた。

狩野英孝:随分前の、ウッチャンナンチャン・出川哲朗さん世代のマセキ芸能社の話なんですけど。

タカ:ほう。

狩野英孝:こちら。マセキ芸能社、お小遣い制度。

トシ:言ってた!ウンナンさんのラジオとか聴いてたら、言ってたもん。

タカ:どういうこと?

狩野英孝:今、考えたら凄かったなぁって思うんですけど。ウッチャンナンチャンさん、出川哲朗さんが働いて、働きまくって…の給料が、お小遣いだったんですよ。どういうことかと言うと、今月、財布の中なくなっちゃったって言ったら、社長が「なんだ、もうなくなったのか、はい、5万円な」と、財布に入れてくれる。とにかく、なくなったらちょっとずつもらう、みたいな制度だったんです。

タカ:え?普通、働いた分だけ、「この番組1本いくらで、これもらいます」とかじゃなく?

狩野英孝:じゃなかったんです。

タカ:なくなったら、「ください。大事に使えよ」みたいな?

狩野英孝:そうです。

トシ:だから、自分がどれだけ稼いだか知らなかったんだよね?(笑)

狩野英孝:分からなかったんですよ。

トシ:ウンナンさんも、出川さんも?

狩野英孝:分かんなかったらしいです。

タカ:それ、昔でしょ?今は違うでしょ。

狩野英孝:そうです。で、ずっと給料明細とかがなかったんです。

トシ:凄いね。税金とかどうしてたんだよ。会社が全部やってたんだ。

狩野英孝:それを出川さんが「ちょっと待て、おかしくねぇか」って、大分経ってからなんですけど(笑)

タカ:気付くのが(笑)

トシ:10年ぐらいその生活してたんでしょ(笑)

狩野英孝:今、考えたらおかしいんですよ。「給料明細もないし、まとまったお金をもらったことないし、これなんとかしてくれ、マセキ芸能社」って言って、会社の制度がお小遣い制度から、給料制に変わったんです。

トシ:え?内海桂子師匠とかも?

狩野英孝:そうです。

トシ:ずっとお小遣いでやってたの?

タカ:いや、何年お小遣いだったの(笑)

狩野英孝:それを出川さんが変えたんです。



ジンギス談

本日の人気記事