ノブコブ徳井、博多大吉の「華丸・大吉の発射台としての役割を全うしようと思う」という言葉に感銘を受けて「自分のコンビ観も変わった」と告白

2020年7月30日放送のテレビ朝日系の番組『アメトーーク』(毎週木 23:15-24:15)の「芸人大好き芸人」にて、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太が、博多大吉の「華丸・大吉の発射台としての役割を全うしようと思う」という言葉に感銘を受けて「自分のコンビ観も変わった」と告白していた。

徳井健太:博多華丸・大吉さん。お二人の関係性だと思うんですけど、大吉さんが「俺は結局、華丸・大吉のブースターにしかなれないからな」って言った時に、僕らのコンビ観も変わったっていうのがあって。

コンビって、どうしても「俺が、俺が」ってなるじゃないですか。「アイツよりも俺が」って。

で、大吉さんはネタ作ったり、色んな振りをやったりするけど、「俺が頑張ったところで爆発的に売れることはなくて。やっぱり華丸さんが最後はドーンと売れていくのを見てきたから、俺は発射台にしかなれないけど、発射台っていう人生を全うしようと思う」みたいなことを言ってて。

そう考えたらたしかに、今まで認めてこなかったけど、ウチの相方が花火みたいな生き物だから。俺がやっぱり発射台になってった方がいいんだろうなっていうのは10年ぐらい前に思ったんです。

博多華丸:あら?言ったそんなこと?

徳井健太:これもカッコイイ。

博多大吉:でも、似たようなことは言ってますよ、ずっと昔から。R-1ぐらんぷりで最初に世の中へ突破口を開けてくれたっていう。



アメトーーク

本日の人気記事