おぎやはぎ矢作、ハライチ岩井がアイクぬわらを「アメリカ人だから」と特別扱いせず批判することに驚き「フランクなだけで、いい奴じゃないじゃない」

2020年7月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、ハライチ岩井がアイクぬわらを「アメリカ人だから」と特別扱いせず批判することに驚いていた。

矢作兼:(アイクぬわらは)アメリカ人だから「そうなんだ」って思うの。だから、日本人だったら多分、あんまり好きじゃないのよ(笑)

岩井勇気:ああ、そう。なんかね、体温を感じないんだよなぁ。

矢作兼:アメリカ人だから、なんかもう違うから。

澤部佑:はい。

矢作兼:「そういうことが普通にできる人」って思っちゃうんだよね。

澤部佑:文化が違うから。

岩井勇気:フランクなだけで、いい奴じゃないじゃないですか(笑)アイクって(笑)

矢作兼:やっぱ凄いな、そこ。「アメリカ人だから」って見方しないのな。

岩井勇気:はい(笑)

澤部佑:ちゃんと人として。

岩井勇気:俺、だから毎週、『おはスタ』って朝の子供番組で会うんですけど、やっぱ信じらんないんですよね。

澤部佑:それずっと言ってるよね(笑)

矢作兼:アイクと森田が?

岩井勇気:一回あったエピソードで、なんかね、アイドルだったっけかが来たグループがあって。アイドル好きのスタッフがいたんですよ。

矢作兼:うん。

岩井勇気:そのアイドルのことが好きだったんです。で、そしたらそのスタッフさんのTシャツに「サインしてあげてよ」みたいな、収録終わった後ね。

矢作兼:うん。

岩井勇気:で、全員引き止めて、みんなにサインさせてて。スタッフさんもそんなにやって欲しくないの、そのズケズケ行く感じが。

澤部佑:アイクはよかれと思ってというかね。

矢作兼:それが、日本人だったら「なんだ、コイツ」なの。でも、アメリカ人じゃん

澤部佑:ああ。

矢作兼:感覚が違うじゃん、日本人と。だから大丈夫なのよ。それを、「アメリカ人だからってテメェ、許さねぇぞ」ってことなんだよな?

岩井勇気:そうです、そうです。あと、女関係のこととか聞くと、「僕はそういうの言わないんです」って言うんですよ、アイツって。

澤部佑:へぇ。

矢作兼:ああ、たしかに。

岩井勇気:「いやいや、芸人になったんでしょ?」って思わない?(笑)

澤部佑:いや、まぁまぁ…

岩井勇気:あと、「どれぐらい稼いでるの?最近」って言ったら、「そこまでじゃないですよ」とか「頑張らせてもらってます」とかじゃなくて、「そういうのは一切、僕は言いません」みたいに言うんですよ。

澤部佑:アメリカ…厚切りジェイソンも言わないもん、全然。

岩井勇気:うん。

澤部佑:「お前、稼いでんだろ?」って言ったら、「いやいや…」って。

岩井勇気:「なんじゃコイツ」って思わない?

矢作兼:だから多分それ、凄い下品な話なんじゃない?アメリカ人からすると。

澤部佑:なるほど。「何、人前でコイツ聞いてきてんだ」と。

矢作兼:お前、そういうの凄いんだよ。関係ないから。

岩井勇気:いや、関係ないっすね(笑)

矢作兼:ふふ(笑)たとえば、子役タレントが態度悪いとするじゃん。

岩井勇気:いや、関係ないっすね。

矢作兼:ふふ(笑)

岩井勇気:「お前、おい」って。

矢作兼:そういうのは凄いよな。

岩井勇気:俺、アイドルとか芸歴を飛び越えてフランクに接してくる奴とか考えられないですもん。

矢作兼:なぁ。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事