麒麟・川島、千鳥・大悟に「目の敵にされていた」と告白「出会い方が本当に最悪」

2020年7月21日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、千鳥・大悟に「目の敵にされていた」過去について告白していた。

川島明:今はめちゃくちゃ仲良いですけど、出会い方が本当に最悪な。

若林正恭:え?そうなんですか?千鳥との出会い方。

川島明:清水けんじさんっていう、今、新喜劇やられてる僕の先輩がいるんです。

若林正恭:はい。

川島明:このお兄さん、たまに王将とか連れてってくれてて、ついて行ってたんです。

若林正恭:はい。

川島明:そしたら、千鳥が来て、俺のことを凄く目の敵にしてる状態やったんです。

若林正恭:え?

川島明:テレビ出て、M-1でワッと行ってて、で、キャーキャー劇場で言われてるから。

若林正恭:ああ。

川島明:で、ずっと大悟がメンチ切ってて。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:ええ?!

川島明:ホンマに。大悟が清水さんに「兄さん、こんな奴つれてしょうがないっすね」って。

春日俊彰:へぇ。それはボケとかじゃなくて?

川島明:ボケとかじゃない。「しょうがないですね」みたいなのを言われて、「めっちゃ怖っ」って思ったけど。

若林正恭:はい、はい。

川島明:「いやいや、M-1も出れへん奴が吠えてるけど」って(笑)

若林正恭:ちょっと川島さんは川島さんで(笑)

川島明:俺は俺で清水さんに言う。清水さんを介して会話する、みたいな。

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

川島明:清水さん、両耳真っ赤になってたけど(笑)

若林正恭:間に挟まれて(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事