麒麟・川島、笑い飯・西田とともに先輩から誘われず舞台後に「ペットショップの売れ残った犬状態」だったと明かす

2020年7月21日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、笑い飯・西田幸治とともに先輩から誘われず、舞台後に「ペットショップの売れ残った犬状態」だったと明かしていた。

若林正恭:千鳥さんとか、笑い飯さんとの関係はどんな感じだったんですか?

川島明:笑い飯さんは、2002年で僕らと同じ状態になって。

若林正恭:そうか、麒麟さんの後だ。

川島明:そう、そう。2002年で、笑い飯が全く無名な状態から、しかもなかなかの汚い状態で決勝行って。

若林正恭:はっはっはっ(笑)凄いインパクトありましたもんね(笑)

川島明:大ブレイク。で、笑い飯さんとは仕事一緒になることが多かったんで、僕は西田さんとめっちゃ仲良かったし。

若林正恭:ああ。

川島明:西田さんも、先輩から全く可愛がってもらってない状況で。

若林正恭:ああ、失礼だけど浮かびますね、二人で一緒にいるのが(笑)

川島明:舞台終わったら、田村とか哲夫さんとかは先輩に「お前、一軒行こうよ」って言われて。

春日俊彰:ああ、誘いやすいですよね。

川島明:本当、俺と西田さんはペットショップの売れ残った犬状態で、一点見つめながら二人でおでんを食べに行くっていう。

若林正恭:先輩も同期も、警戒してるから。

川島明:そう、そう。

若林正恭:センスの人、みたいな。



あちこちオードリー

本日の人気記事