麒麟・川島、「松本人志も絶賛」と登場前に紹介されてしまいM-1決勝進出後の1年間は「ハードル上がりきって、まぁスベっていた」と告白

2020年7月21日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、「松本人志も絶賛」と登場前に紹介されてしまい、M-1グランプリ決勝進出後の1年間は「ハードル上がりきって、まぁスベっていた」と告白していた。

川島明:(M-1グランプリ2001決勝で松本人志に絶賛され)その夜に6本レギュラーが決まって。

若林正恭:うわぁ!22歳で?

川島明:22歳で。もうマジで電話鳴り止まぬっていう状態で。

若林正恭:うわぁ。

川島明:大阪でレギュラーで5本、東京1本みたいな状況ですけど、どこ行っても漫才前に「あの松本人志も褒めた麒麟です」って。

若林正恭:ああ、そうか。

川島明:まぁ1年間スベるんですよ。

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

川島明:ハードル、上がりきってるから。

若林正恭:ああ、そうかぁ。

川島明:松本人志の秘蔵っ子。どこ行っても秘蔵っ子って言われて。

市川紗椰:辛い…

若林正恭:それは大変だ。

川島明:間違えて「隠し子」って言われたこともある。

若林正恭:それは間違え過ぎですよ(笑)

春日俊彰:バカなスタッフですね、それ(笑)

川島明:DNA受け継いでる、みたいな感じやったんですけど。

若林正恭:凄い話ですよね。ずっと「麒麟枠」って言われて。

春日俊彰:大ニュースになってるからね、新人の枠で。



あちこちオードリー

本日の人気記事