千原ジュニア、YouTubeは自由に遊べる場所を提供してくれる「花火やキャッチボール禁止ぐらいの公園」だと語る

2020年6月29日配信開始となったYouTube上の「カジサック」チャンネル動画の芸人トーク企画で、お笑い芸人・千原ジュニアが出演し、YouTubeは自由に遊べる場所を提供してくれる「花火やキャッチボール禁止ぐらいの公園」だと語っていた。

千原ジュニア:エエ遊び場やんな。「ご自由にどうぞ」っていう。「皆さん、誰が使ってもらってもいいですよ」ってことやろ?いわば。

カジサック:いわば、そういうことです。最高です。

千原ジュニア:なぁ。

カジサック:それで言うと、時間ですよね。好きな時間遊べるっていうのが。

千原ジュニア:そうやんなぁ。

カジサック:テレビってなると、なかなか。

千原ジュニア:そう、そう。そんなことあるけど。

カジサック:はい。

千原ジュニア:だから、「花火だけやらないでね」とか、「キャッチボール禁止ね」ぐらいの公園やん。

カジサック:いや、たしかに。そういう感じですね。

千原ジュニア:なぁ。

カジサック:はい。とは言え、僕、2年間ぐらいやらせてもらってますけど、大分、規制も入ってます。

千原ジュニア:ああ。

カジサック:僕が始めた頃って、まだ裸になってもセーフだったんですけど。

千原ジュニア:ああ、なるほど。

カジサック:今はそこ、厳しくなって。

千原ジュニア:はい、はい。

カジサック:だから、江頭2:50さんとかもやってますけど。

千原ジュニア:はい、はい。

カジサック:(乳首に)シール貼ってたりする。

千原ジュニア:うん。

カジサック:そういう意味では、ひょっとしたらテレビより厳しくなってるんちゃうかなっていうところはあるかもしれないですね。

千原ジュニア:ああ。でも、言うたら企画書の判断、自分やからな。

カジサック:そうですね。

千原ジュニア:すぐ通るわけで。これはなかなか民放で番組一本始めよう言うたら、まぁ大人をかい潜っていかんとやから。

カジサック:そうですね。

千原ジュニア:そういう意味ではね。



カジサック

本日の人気記事