東野幸治、吉本興業の現社長・岡本昭彦がダウンタウンのマネージャーになることを言い渡された瞬間の様子を明かす「前のマネージャーが忙しすぎておかしなって…」

2020年6月29日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第44回にて、お笑い芸人・東野幸治が、吉本興業の現社長・岡本昭彦がダウンタウンのマネージャーになることを言い渡された瞬間の様子を明かしていた。

東野幸治:東京の新喜劇公演終わった後、打ち上げご飯食べて、みんなで歩いてホテル帰る時に、大崎さんが当時、新喜劇のマネージャーやった1年目か、2年目かな、岡本…今の社長ね。「(テープ回してへんやろな発言を)冗談でした」って言うた、岡本が新喜劇のマネージャーやってて。

東京のホテル入る前で、大崎さんに至近距離で「お前、明日からダウンタウンのマネージャーな」って言って。「え?新喜劇じゃないんですか?」「明日からお前、ダウンタウンのマネージャーや。来んでエエから、新喜劇は」って言われて、行ったんですよ。

ちょうど、ダウンタウンさんの前のマネージャーが忙しすぎて、おかしなって、「これアカンな」と思って、新しい人を入れたのが岡本なんですよ。

後に、俺、今田さんとTBSラジオを深夜やってて。その時に、岡本の…僕らのマネージャーでもありましたから。僕、新喜劇やめた後、東京とか大阪で、ラジオ6本やってる時の、1本のTBSラジオ、東京行く時に、マネージャーね、「岡本はどんな家住んでるか?」っていうのをラジオで、たしかラジオ番組で言ったんですよ。

ほんなら、ちょうどその前のマネージャー、Nというマネージャーの住んでたところも、まんま引き継いでそこ住んでて。ゴルフの打ちっ放しの真横のアパートみたいなところで。安いベッド買って、その枕元にラジカセがあって。

何、聴いてんのかなって思ったらね、チャゲアス聴いてました。それからずーっと、大崎・岡本でずーっと、吉本興業を、ダウンタウンさんを大きくしていこうみたいな感じでやっていってましたね。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事