東野幸治、YouTube『東野幸治の幻ラジオ』開始は「レギュラー番組の終了」「ラジオ番組のスポンサーが見つからず頓挫」したためと告白

2020年2月23日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』の第1回にて、お笑い芸人・東野幸治が、YouTube動画配信を開始した理由は、「レギュラー番組の終了」「ラジオ番組のスポンサーが見つからず頓挫」したためと告白していた。

東野幸治:元々、YouTubeを早くからやりたいなと思っていたんですけれども、レギュラー番組をちょっと何本かやらしてもらってて、スケジュール的に余裕がないので、なかなか始められなかったんですよ。

2020年4月から、名古屋のローカル番組とTBSの関東ローカルの深夜番組が2本終わるので、スケジュール的にも空きが出たので、もうここしかないと思って、YouTubeを始めました、と。

だいぶ前から…だから今年の1月ぐらいから、やろうと思ってたんですけど、まさか雨上がりの宮迫がYouTubeをやると本当に思ってなかって。あと、エガちゃんがYouTubeをやるとは全く思ってなかって。ド派手な二人がやってるのに、本当になぜ音声配信なのか、恥ずかしい限りです(笑)

元々、4月からラジオ番組をやる予定だったんです。それはだいぶ前から決まってて。昔、今からもう25~30年ぐらい前はもう、ラジオのレギュラーしかなくて。もう朝・昼・夜、ずーっとラジオのレギュラー番組やって、「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」…オープニングトークを毎回、毎回喋って、もうイヤになって。もうラジオなんかやりたくないって。

で、テレビの方に移行したんですけれども。ここ5年ぐらいはずーっとマネージャーとか吉本に、「ラジオしたいねん」「ラジオしたいねん」って言うんですけど、なかなかやるタイミングがなくて。

で、今度の4月から、「ラジオ番組、知り合いのスタッフさんからやりませんか?」って言われて、「ああ、やるやる」って、去年の10月ぐらいからそういう話になってて。楽しみにしてたんですが、この1月末ぐらいに分かったんですけれども、スポンサーが見つからない。

こんだけ一生懸命、テレビで頑張ってきた私が、ラジオ番組、30分でも…15分でもいいんです。スポンサーが見つからないという理由で、なくなりました。

だったら、もうこのYouTubeで、もうラジオをやろうっていうことで、『幻ラジオ』っていうタイトルで、始めました。



東野幸治の幻ラジオ, YouTube

本日の人気記事