東野幸治、山里亮太が「#ギャグつなぎ」で放課後電磁波クラブ・S極くんの称賛されっぷりを目の当たりにして「ハードルが上がりすぎて、怖いです」と返信してきたと明かす

2020年4月9日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』の第22回にて、お笑い芸人・東野幸治が、南海キャンディーズ・山里亮太が「#ギャグつなぎ」で放課後電磁波クラブ・S極くんの称賛されっぷりを目の当たりにして、「ハードルが上がりすぎて怖いです」と返信してきたと明かしていた。

東野幸治:動画を「モザイクかけたよ」って送り返されてきて、満を持して動画をアップするんですけど、その前に次、誰にバトンをって色々考えたんですよ。色んなギャガーいてるから。

その時に、ピンと浮かんだんが、ギャガーでも何でもない、南海の山ちゃん。多分、困るだろうなぁって思って。どんな風なことすんのかなぁと思って、南海の山ちゃんにショートメール送って。「お願いする、やってくれ」と。

で、「僕ですか?てどうしよう…」とか言って、「まぁまぁ、何でもエエから軽い気持ちでやって」みたいなん送って。

ほんで僕も、いよいよ時間がきたから、ツイッターでギャグリレーをドーンってやって。これがもう、自慢じゃないですけど、もうツイッター見たから大絶賛。

もう「賛」しかない、まったく「否」もない。素晴らしかったんですよ、本当に。で、山ちゃんがほどほどにして「ハードルが上がりすぎて怖いです」ってきて。

で、「すまんなぁ、これギャグリレーやからなぁ。中岡から回ってきたから、断れへんかってん」って言うたら、「中岡を恨みます」ってきたから、「中岡を恨むな、コロナウイルスを恨め、頼むわ」ってことで、南海の山ちゃんが、イタリア人のギャグをやっていただいたってことで(笑)

本当申し訳ないです。一瞬、パって動画再生をしたんですけど、なんか怖くなって、呈し押しました、山ちゃん。ちゃんとまだ見れてません。

一年ぐらい寝かしてから見たいと思います(笑)



YouTube

本日の人気記事