高田文夫、『クレイジージャーニー』『消えた天才』のヤラセ問題について「ああいうことって昔からあるよな」と発言

2019年9月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、『クレイジージャーニー』『消えた天才』のヤラセ問題について「ああいうことって昔からあるよな」と発言していた。

高田文夫:でもああいうこと(テレビ番組でのヤラセ)って、昔からあるよな。

高須光聖:そんな、あってはダメなんですけど(笑)

高田文夫:変な話。

高須光聖:でも、僕らの時代はもう、演出ぐらいでありましたけどね。

高田文夫:もっと前なんて、川口浩探検隊なんて。

高須光聖:ああ、そうですね(笑)

高田文夫:俺の前、影山さんがずっとやってたからさ。

高須光聖:はっはっはっ(笑)

高田文夫:恐竜のぬいぐるみ持ってたからね。「ロケだから」って(笑)

高須光聖:ふふ(笑)

高田文夫:縫ってたからね。「手伝ってくれ」なんて言われてさ(笑)

高須光聖:はっはっはっ(笑)

高田文夫:「引いて撮れば、わかりゃしないんだよ」って。

高須光聖:はっはっはっ(笑)

高田文夫:ぬいぐるみ作ってたからね、それぐらいだから。

高須光聖:見てました(笑)

松本明子:そんなもんでしたよね。

高田文夫:でも、今はちゃんとやらないとな、うるさいからな。

高須光聖:そう、うるさいんですよね。

高田文夫:やっぱテレビ現役でやってるけど、大変だろ?コンプライアンスは。

高須光聖:そうですね。僕、30年以上もやらせていただいてますけど、大分変わってますよね。

高田文夫:そうだろ。

高須光聖:だってもう、うるさいですもん。おっぱいももちろん。僕ら子供の頃は見てましたから。

高田文夫:『時間ですよ』なんて(笑)

高須光聖:ボンボン出ながら(笑)

高田文夫:森光子の横を。

高須光聖:水泳大会でも、ボロンボロン、ボロンボロン。それが今じゃもうダメですからね。透けててもちょっと言われますからね。

高田文夫:あ、透けてても?

高須光聖:はい。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事