佐久間宣行P、『水曜日のダウンタウン』藤井健太郎Pの番組への異常なこだわりに「たまたまテレビで才能があったサイコパス」

2020年3月25日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、TBSテレビの藤井健太郎プロデューサーの番組への異常なこだわりに、「たまたまテレビで才能があったサイコパス」などと発言していた。

佐久間宣行:藤井君、「やっぱり頭おかしいな」と思うのは、未だに『水曜日のダウンタウン』、全部一本化してんでしょ?

藤井健太郎:全部編集してますね。

佐久間宣行:全部の回、一本化してるんだよ。一本化っていうのは、色んなディレクターがサブ出しって流す説のVTRをプレビューして、それを流す。で、そのリアクションを撮る。で、それを尺に収めてCM割って、スタジオの面白いところを残す、最終決定権を、全部の回やってんだよ。

藤井健太郎:はい。

佐久間宣行:それ、いないからね(笑)

藤井健太郎:ふふ(笑)自分が「演出」って肩書付いた番組は、最後までオフライン自分でやらなかったのは、一回しかないんですよ。

佐久間宣行:うん。それはね、異常だって。凄い、凄い。

藤井健太郎:珍しいと思いますよ。

佐久間宣行:普通は分担する。一本化ディレクター、担当外ディレクターっていうのがいて、もちろん編集チェックはするけど、自分で編集機触って、尺に収めるのを全部の回やるのは、俺、藤井君しか知らないけどなぁ。

藤井健太郎:もちろん、一からやらないことも多いですけど。

佐久間宣行:うん、もちろんね。

藤井健太郎:一回、やってもらったのをもらうっていうのはあるし、むしろ最近は自分でガツガツやってるわけじゃないですけど、最終は必ず自分でやってて。

佐久間宣行:うん。

藤井健太郎:昔、深夜の時とかは、フレームまで合わせてたんですよ、CMの。

佐久間宣行:え?!

藤井健太郎:そこは多分、あんまやってる人はいないですよね。

佐久間宣行:フレームまで合わせたの?

藤井健太郎:CM入りのフレームまで、全部自分でやってて。

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)フレームっていうのは、30フレームで1秒なんだけど、そこの細かいフレーム合わせまで自分一人でやってたっていう(笑)

藤井健太郎:ふふ(笑)

佐久間宣行:これはね、異常ですよ(笑)

藤井健太郎:ふふ(笑)

佐久間宣行:皆さん、今ね、異常な人の話を聴いてます。

藤井健太郎:業界の人は分かってくれるかな。

佐久間宣行:ふふ(笑)業界の人は分かってくれると思うけど、業界はおののいてると思うし、あとね、ナレーションの「てにをは」も全部一人で直すんですよ、この人は。

藤井健太郎:はい。

佐久間宣行:だからね、たまたまテレビで才能があったサイコパスだから(笑)

藤井健太郎:はっはっはっ(笑)



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事