宮下草薙・草薙、オフィス北野のオーディションで見た目を「汚い」と言われて落とされたと告白

2020年3月7日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・宮下草薙の草薙航基が、オフィス北野のオーディションで見た目を「汚い」と言われて落とされたと告白していた。

宮下草薙・宮下兼史鷹:「若手芸人に必要な明るさ、清潔感、わかりやすさ、その全てがお前にない」…こちらが、近畿大学の卒業式でスピーチを担当した又吉さんがですね、自身のNSC時代の思い出を語った中で、当時、講師に言われたダメ出しを振り返った言葉です。

ベッキー:ああ、言われたんだ。

又吉直樹:春頃に言われて(笑)

若林正恭:早いね(笑)入学してまもなく(笑)

又吉直樹:その時のことを思い出したら、全部、景色がグレーなんですよね(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

宮下兼史鷹:僕らも、「売れるための華が一つもない」って言われました。

若林正恭:ああ。

草薙航基:僕ら、太田プロに入る前に、色んな事務所のオーディション行って。そこで「汚い」って言われて落ちたんです(笑)

宮下兼史鷹:そうなんです。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

宮下兼史鷹:あの連中の中で、「汚い」って。

草薙航基:ふふ(笑)

若林正恭:俺たちも顔が難しいよ(笑)

宮下兼史鷹:それぐらい「華がない」って言われて。

若林正恭:ああ、今はそれが武器っちゃ武器だもんね。



あちこちオードリー

本日の人気記事