佐久間宣行P、はんにゃ金田への雑なギャグのフリを反省「居酒屋で絡んでくる人みたいな感じ」

2020年2月26日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行が、はんにゃ・金田哲への雑なギャグのフリを反省していた。

佐久間宣行:酔っ払ってないはんにゃ金田の面白さ、それを伝えられたのが一番なんですよ。で、やっぱもう、ツイッターとか見ても、「酔ってない金田っていいな」ってなってたから(笑)

で、村上の卑屈っぽさ。面倒くせぇけど、突くと面白いっていう、両方いいところ出てたと思うんですけど。

ヒドかったのが俺ね(笑)金田がまず面白くて。金田が人気絶頂の時、街で外国人から「ズクダン、ズンブングン!」って声をかけられたエピソードね。これ、めちゃくちゃ面白かったのよ。

あと、絶対そんな声の掛けられ方してないだろっていう、「ズクダン、ズンブングン!」の言い方ね。それが面白くて何回も振ったよ。それで3時台は凄い盛り上がったよ。でも、4時台の俺のフリ、ヒド過ぎるよ、聞き直したけど(笑)

何度も聞きたくなって、めちゃくちゃ下手なフリを連発してたんですよ。「で、なんて言われたんだっけ?」ってぶっこむっていう。一番ヒドいのは、4時台の後半。「面白い言い方してもらっていい?」って(笑)

「面白い言い方してよ」って、マジでウケるわけないし(笑)つぼ八で絡んでくる人みたいな(笑)居酒屋で絡んでくる人みたいな感じだったもんな(笑)

フリが直接的過ぎて、これもう本当に反省しています。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事