ケンドーコバヤシ、ミニスカ女子高生の格好で女装をして露出過多な女性の見られている気持ちが分かったと告白「意外となんか、嫌な気分でもないねんな」

2019年9月1日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、ミニスカ女子高生の格好で女装をして、露出過多な女性の「見られている気持ち」が分かったと告白していた。

ケンドーコバヤシ:たまにね、露出過多な女性いるじゃないですか。

千原ジュニア:はい、いますね。

ケンドーコバヤシ:脚が出てたり。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:最近、ワンショルダーみたいなんまた出てきて。

千原ジュニア:ああ、そうなんや。

ケンドーコバヤシ:こっち、1/4出てますよ、みたいな。そういう人がいたら、僕はやっぱり礼儀として、見るようにしてるんです。

千原ジュニア:ああ、逆に?それが礼儀かもね。

ケンドーコバヤシ:これが礼儀かもって思って、こうやって…

千原ジュニア:あ、結構いきますね。

ケンドーコバヤシ:信号待ちとかでね、出会った時は。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:ほんなら、怒りでもない、恥ずかしげでもない、比較的無表情に近い感じで見返されることがあって。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:そこで「はっ」となって、僕、行くんですけど。

千原ジュニア:ああ、何回か経験あるかも。

ケンドーコバヤシ:あれの気持ちがちょっと分かったというか…ある番組で久々に女装したんですよ。

千原ジュニア:最近、ないもんね。

ケンドーコバヤシ:最近ないですね。女子高生の格好をして。で、着てみたら、やっぱりモサモサになるんですよ。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:想像以上にでっかいブラジャー用意されて、爆乳の。意外と逆にリアルな、高校生の時、パンパンな女の子いるじゃないですか。

千原ジュニア:いるね。

ケンドーコバヤシ:あのパンパンの女の子みたいになっちゃって。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:でも、自分の美意識が許さなかったので、「ああ、そういえばこんなんやってた子おったな」って思って、スカートを巻き上げて。

千原ジュニア:ああ、短く。

ケンドーコバヤシ:ミニにしたんです。「ああ、これエエやんか」って。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:で、テレビ局なんで、トイレ行こうと思ったら、楽屋口の受付にいる受付嬢の方が、僕を見て唖然としてずっと見てたんです。

千原ジュニア:ほう。

ケンドーコバヤシ:その時に、怒りでもないんです。恥ずかしさでもないんです。ただただ、純粋に「あ、見られてる」と思って、僕、正面向いて黙っちゃったんです。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:ほんなら、その人が「あっ…」って。

千原ジュニア:なるほど、信号待ちのワンショルダーを見たのと同じで。

ケンドーコバヤシ:そう。これやったんや、と。意外となんか、嫌な気分でもないねんなっていう。

千原ジュニア:ああ、そうなんかな。

ケンドーコバヤシ:それで、オシッコしようとしたら、硬くはなってないんですけど、柔らかいまま若干サイズアップしてるぐらいの状態でした。だから、決してイヤな気分ではない(笑)

千原ジュニア:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:こういう心理状態やねんなって(笑)



にけつッ!!

本日の人気記事