スピードワゴン小沢、『アメトーーク』での「セカオザ」によるブレイクはチュートリアル徳井が導いてくれたと語る「徳井君が『オザでやらせて』と」

2019年12月21日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が、『アメトーーク』での「セカオザ」によるブレイクはチュートリアル徳井が導いてくれたと語っていた。

若林正恭:セカオザのブレイクは、『アメトーーク』ですか?

小沢一敬:そうよね。『アメトーーク』で、「腐れ縁芸人」っていうのがあって。

若林正恭:はい。

小沢一敬:たとえば、飯尾さんとウドさんとか。

若林正恭:はい。

小沢一敬:で、徳井君と他の人でオファーが来たんだって。

若林正恭:はい、はい。

小沢一敬:そしたら徳井君が、「オザでやらせて」って言ってくれて。

若林正恭:うん。

小沢一敬:で、「腐れ縁芸人」っていうのをやって、その後、「自分大好き芸人」っていうのをやって。

若林正恭:はい。

小沢一敬:で、セカオザっていうのになるの。

若林正恭:へぇ、ああそうなんですか。ここから仕事のやり方、ちょっと変わるんじゃないですか。イジられる感じじゃないですか。

小沢一敬:でも、一緒にいる時、いつもイジられてたよ。

劇団ひとり:小沢君自体は何も変わってないんだけど、周りのイジり方が変わったっていうか。

若林正恭:ああ、そうなんですね。

小沢一敬:俺、多分初めて「一緒に映画見に行こうよ」っていきなり言われて、マンションの前に、BMの真っ赤なオープンカーで迎えに来て(笑)

若林正恭:ええ?(笑)

小沢一敬:29ぐらいね。

劇団ひとり:で、なんかブルーハーツかなんか流しながら、六本木ヒルズまで行ってさ。

小沢一敬:オープンにしてね(笑)

若林正恭:その時、結構出てますよね(笑)

劇団ひとり:俺は「恥ずかしい」って思うんだけど、小沢君は「だって気持ちいいじゃん」って(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

劇団ひとり:本当に素でできる人だから(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事