山里亮太、きゅうりが苦手で「栄養価ないわりに存在感を出す」と発言したところツイッター上で反論される「私の暴論が…」

2020年1月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、きゅうりが苦手で「栄養価ないわりに存在感を出す」と発言したところツイッター上で反論されてしまったと明かしていた。

山里亮太:ちょっと私の暴論がね、掛け合いでありました。

赤江珠緒:はい、先程、前番組との。

山里亮太:そうなんですよ。まぁね、苦手なお野菜ということで、きゅうりを言いましてね。

赤江珠緒:ええ。

山里亮太:で、私が勝手な知識で、「アイツは栄養価ないわりに、存在出してきて」って言ったんですけども。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:カリウムが入ってることにより、塩分を排出するのに凄く役に立つというふうに、ツイッター上でリスナーの方が教えてくれました。

赤江珠緒:そうよ。だから夏場とか熱中症対策にもなるし、さっと体も冷やしてくれる、むくみなんかもとってくれる効果ございますよ。

山里亮太:ただ、私、きゅうりの摂取の仕方はね、焼酎に入れて飲む時は好きなんです。

赤江珠緒:ああ、入れる人いるね。

山里亮太:焼酎に入れると、飲めるの。

赤江珠緒:逆に私入れたことない。入れるとどうなの?

山里亮太:焼酎が甘くなるの。それこそ、メロンみたいな味がするの。

赤江珠緒:へぇ、そうなんだ。

山里亮太:そう、そう。それでは飲んだりするんだけど。

赤江珠緒:きゅうりはね、もうもぎたてをポキポキ食べるのも好きだし。

山里亮太:川とかでさ、ザル乗っけてきゅうりを冷やしてるやつ、その食べてる人を見るのは美味そうだなって思うけど、食べたいとは思わない。

赤江珠緒:ふふ(笑)



たまむすび

本日の人気記事