ドランクドラゴン鈴木拓、ドラマの監督に「この役は鈴木さんにしかできない」とオファーされるも「女子高生に下半身を見せる変質者役」だったと明かす

2020年1月20日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、ドラマの監督に「この役は鈴木さんにしかできない」とオファーされるも「女子高生に下半身を見せる変質者役」だったと明かしていた。

鈴木拓:監督に言われたのは、「もう、この役は鈴木さんにしかできない」って言われたんですよ。

濱口優:はっはっはっ(笑)

鈴木拓:何の役か知らないで、蓋を開けてみたら変質者役で(笑)

濱口優:ピッタリやと思いますよ(笑)

鈴木拓:いや、ピッタリじゃないですよ(笑)

谷まりあ:嬉しいんですか?それ、褒め言葉ですか?

鈴木拓:いや、嬉しいわけねぇだろ。

濱口優:はっはっはっ(笑)

山本彩:でも、引き受けたんですもんね。やりたかったってことですか?

鈴木拓:いや、違います。入ってきた仕事をやってるだけで。自分から「やりたい」と思ってやってるわけじゃ…まぁ、あんまこういうのも何なんですけど(笑)

濱口優:はっはっはっ(笑)

谷まりあ:本当に?実際、ちょっと楽しいんじゃないですか。

鈴木拓:いや、楽しいのは楽しいんですけど(笑)

濱口優:普段やらない自分やからな(笑)

有野晋哉:前張りからちょっと出ちゃうかもしれないね。

鈴木拓:そうですよ、だからそのために僕、今、ツルツルですからね。

濱口優:役作りのために?

鈴木拓:役作りのため。

濱口優:さすが(笑)

谷まりあ:聞きたくない(笑)

鈴木拓:毛があると剥がれちゃうんですよ。



アッパレやってまーす

本日の人気記事