佐久間宣行P、『たけしの挑戦状』の舞台化や『浦安鉄筋家族』のドラマ化に挑むヨーロッパ企画・上田誠に「NGなし風俗嬢みたい」と発言

2020年1月15日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行が、『たけしの挑戦状』の舞台化や『浦安鉄筋家族』のドラマ化に挑むヨーロッパ企画・上田誠に「NGなし風俗嬢みたい」と発言していた。

上田誠:企画書の中に、「これ入れといたら、企画会議が盛り上がるかな」と思って入れておいたら、本当に盛り上がって。

佐久間宣行:はい、はい。

上田誠:それやるわけないのに、『たけしの挑戦状ビヨンド』の話ばっかりする打ち合わせになって。

佐久間宣行:ああ、うん、うん。

上田誠:「これ、本当にやりましょうか」みたいな。

佐久間宣行:おお、なるほど。じゃあ、そういう時の舞台って多分、面白くなるから、楽しみだな。

上田誠:なので、悪ノリの中で決まったような企画ですね。

佐久間宣行:なるほど。あと、テレビ東京的にはね、4月からドラマ24の金曜深夜のドラマも上田さんが脚本をやられるんですけど。

上田誠:はい。

佐久間宣行:それが、『浦安鉄筋家族』やるんですよね?(笑)

上田誠:そうなんです、脚本を書いてましてね。

佐久間宣行:ふふ(笑)『浦安鉄筋家族』と『たけしの挑戦状ビヨンド』でしょ?

上田誠:はい。

佐久間宣行:何なんですか、NGなしの風俗嬢みたいな感じでしょ(笑)

上田誠:ふふ(笑)いやいや(笑)

佐久間宣行:ビーンボールばっかり打つ人みたいになってるけど(笑)

上田誠:いやぁ、でも好きなんですよね(笑)

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)

上田誠:そういうものを形にしたいっていう思いは。

佐久間宣行:あれ、めちゃめちゃ長いじゃないですか。

上田誠:だから、最初のシリーズの1巻から31巻まであるものの中から、いろんなエピソードを取り出していって、くっつけてっていうか。

佐久間宣行:うん。

上田誠:一話が凄い短いんですよ。

佐久間宣行:ああ、そうかそうか。

上田誠:なので、それを30何分のドラマにしなきゃいけないっていうところで、色々、組み合わせたり、剥がしたりしてるところですね。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事