土田晃之、白石麻衣の乃木坂46卒業に「卒業できるってことは、後輩たちが育ってきたってこと」と語る

2020年1月12日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、白石麻衣の乃木坂46卒業に、「卒業できるってことは、後輩たちが育ってきたってこと」と語っていた。

土田晃之:乃木坂のね、白石麻衣さんですけども、卒業ということで。まぁね、乃木坂ができて、もう長い間、スーパーエースでずっといたわけですもんね。

生駒(里奈)ちゃんがずっとセンターやってたけど、その傍らにはお姉さん軍団がいて。その筆頭だった白石麻衣さんがいて。でも、白石さんも27だからね、もうそろそろたしかに、次のステップを考えてってもいいだろうし。

だから、あとは一期生の子たちが卒業できるっていうのは、後輩たちが育ってきたってことも言えるんだと思うんで、羨ましいなぁって思いますよね。

いや、でも本当楽しいアイドル人生だったんじゃないですか、この後、女優さんとかなってくんでしょうけど。それこそ乃木坂姉さんたちなんて、最初、ヒドイ扱いだったですからね。

もう日本はAKB48時代だから。そこに「AKBの公式ライバル」って銘打って作られたグループだもんね。だからAKBのファンからはね、「なんだアイツら」って多分、言われてただろうし。

大変な思いをして、気がつけば今や国民的アイドルグループになってね。卒業ということで。だから、おめでとうございますなんでしょうね、次のステップに行くんでね。



土田晃之 日曜のへそ

本日の人気記事