岡村隆史、NHK紅白歌合戦でMisiaと話をすることができて「感無量でした」と感動「紅白のトリの方とお喋りして」

2020年1月9日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、NHK紅白歌合戦でMisiaと話をすることができて「感無量でした」と感動していた。

岡村隆史:今年は普通に、Misiaのところにも。Misiaのスタッフの方と、僕たまたま同じ飯屋行ってますので。たまたまご飯屋さんが一緒やったということだけなんですけれども。

その方がパッと手を掴んでくれはって、私の。「ちょっと、Misiaのところ挨拶行こう」って。で、Misiaのところにパーっと連れてってもらって、「おはようございます」って。

紅白のトリですよ。紅白のトリの方とお喋りして。なんやろうな、感無量でしたよ(笑)こんなところで紅白のトリとる人と喋ってる俺って、なんかウソみたいっていうかさ。

「こんなことできるようになったんやなぁ」って思って。それをね、そうやってスタッフの方にMisiaのところへ連れてってもらいましたから。やっぱそうせんと、俺からは「どうも~」ってやっぱ行かれへんやんか。

っていうのがあったから、「あ、こういうことをした方がエエねや」と思って、ほんでミルクボーイ。ミルクボーイがけん玉で参加するって言うて来てたから。そこで「せや」って思って。さっきのMisiaパターンあると思って。

「たけしさんの楽屋行こか」って。「え?!」って言うて。それ、真似しただけなんですけど、Misiaさんのスタッフの方の。で、ミルクボーイ連れてたけしさんの楽屋行って、「失礼します」って。

「M-1とったミルクボーイなんですけど」「あっ、ミルクボーイ知ってるよ。面白かったねぇ」って見てはったんや。それも一応、「ありがとうございます!」って、ミルクボーイに凄い感謝されてんけど、それただのMisiaのスタッフさんの真似しただけなんですけど、これ(笑)

連れて行ってあげた方がエエのかなって(笑)そういうのないと、なかなかご挨拶もできないじゃないですか。俺もMisiaなんかと普通にパーっと行って、「おはようございます」とは言われへんからね。それ、連れて行ってもらったおかげで、Misiaとも喋れたし。



岡村隆史のANN

本日の人気記事