ノンスタ石田、インディアンスがM-1でナイツ塙や中川家・礼二に辛口批評を受けたのは「ボケをやりたいがためだけの強引な設定・振り」が原因と指摘

2019年12月26日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、M-1グランプリ2019でインディアンスがナイツ・塙宣之や中川家・礼二に辛口批評を受けたのは「ボケをやりたいがためだけの強引な設定・振り」が原因と指摘していた。

石田明:塙が「平和すぎる」って言ったり、礼二さんが「素の部分が見えない」っていうのは、これは今回に関して言うと、ネタ飛んでたんで、なんとも言えないんですけど。

岡村隆史:うん。

石田明:やっぱり田淵が面白くなるために、キムがちょっとサクラっぽいんですよね。

岡村隆史:ああ。

石田明:面白くなるようなことしか、やっぱあんま言ってないんですね。

岡村隆史:うん。

石田明:だから、「彼女欲しい」みたいなんで、やっぱ「オッサンみたいな彼女が欲しい」って、ちょっと入りとして無理あるじゃないですか。

岡村隆史:うん、うん。そうか、そのボケをやりたいがためだけの強引な振りというか。おかしいもんな。

石田明:そうなんですよ。だからもっと丁寧に行けばいいんですけど、やっぱりこういうコンテストになると、そういうなんが、「オッサンみたいな彼女が欲しい」ってやってて。

岡村隆史:うん。

石田明:で、最終的に「彼女欲しい」って言ってんのに、最後の最後でキムがチンピラやってるんですよ。

岡村隆史:ふふ(笑)ああ。

石田明:だから、気づいたらオッサンみたいな彼女が主役になってて、主人公いなくなってるんですよ。

岡村隆史:ああ、ああ。

石田明:チンピラになっちゃってるから。ってなったら、「これ、何がやりたかったの?」っていうことで、「人柄が見えへん」っていうのは、そういうところなんですよ。

岡村隆史:なるほど。

石田明:もともと、田渕に人柄なんか求めないんですよ、ああいう奴やから。

岡村隆史:うん、うん。

石田明:ってなった時に、そっちを担うのはキムなんですよね。

岡村隆史:ああ。

石田明:だから、「平和すぎる」っていうのも、別に何もムキになることもないじゃないですか。

岡村隆史:ああ、ああ。

石田明:田淵っちゃんを面白くさせることをメインに考えているので。

岡村隆史:うん。

石田明:だから、そういったところが、こういったコメントを引き出したんじゃないかな、とは思ってるんですけど。

岡村隆史:なるほどなぁ。



岡村隆史のANN

本日の人気記事