伊集院光、パスポートを紛失した上に新たなパスポートの引換証すら紛失してしまって落ち込む「こんな奴、海外に出しちゃダメじゃん」

2019年12月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、パスポートを紛失した上に新たなパスポートの引換証すら紛失してしまって落ち込んでしまったと告白していた。

伊集院光:今週気づいたことっていうか、もう自分の無能ぶりに呆れるんだけど。

なんかね、パスポートが家でどっか行ったの。もう随分前。随分前に、もうパスポートが家でどっか行っちゃって。これ、どうしようかと。その「どっか行っちゃったよ」届けみたいなのを出さなきゃいけないんだけど。

そのどっか行っちゃったことにも気づかないぐらいの無能っぷりなわけ。で、どっか行っちゃったって気づいた時には、実はこの間にパスポートがもう切れてて。新しいのを作んなきゃいけないっていうことになりました。

で、それすらもちょっとぼんやりしながら。だって、海外に行く予定もないし、面倒くせぇなって思って。『ドラクエウォーク』のチェックポイントでもどっか海外にあってくれれば行きますけど。別に行きたいところもないしってなってたんだけど。

この紛失したままの状態でいるのは、多分ダメなことなんですよ。ダメなことなんですよ。で、どうしようどうしようってなってた時に、昼のラジオで、「俺、今週中にパスポートの手続きを全部やって新しいのを申請する」っていうのを、「ラジオを聴いている人にも誓うよ」っていう話をして。

で、無能の人のその最後のラインは、一応ラジオで言ったことは守ろう、みたいなところがあるんで。それもギリギリになって、パスポートセンターみたいなところに行って聞いたら、もう一応、「その紛失はわかりました」と。で、「失効しているのも分かりました」と。となると、「新しいやつを申請してください」っていうので、申請したわけ。

で、いついつにできます、みたいな。「1週間後ぐらいにできるんで、その時にとりきてください」みたいなことを言われるわけ。でも俺さ、昼のラジオで約束したのは、紛失届を出すことと、新しいの申請するところまでだから。それを取りに行くことは約束してないわけ。

で、ずーっとズルズル延ばしてて。全然取り行ってないのよ。その間、凄い凹むことがあって。それこそ年始の番組かなんか撮ってて、「みんなの知らないパスポートのこと」みたいな。

パスポート、来年の3月にデザイン変わんのね。だから俺、10年の申請してるから、9年間ぐらい古いやつ持ってる奴になるわけ、ずっと。だって今現在、失効してるんだから。別に3月までにどこに行く予定もないんだから、紛失届だけきちんとやって、失効したままにしときゃいいわけ。で、3月で新しいのになるのに、なんかこう…お父さんに「ライダーベルトをいつか買ってくれよ」「いつかな、いつかな」って言われて、終わるやつ、最終回の二回前ぐらいのライダーベルトを買われる感じの。

しかも「おもちゃ屋に予約してあるぞ」って言われる感じのやつになった上に、この無能っぷり凄いよ。俺、引き換えの紙、なくしちゃってさ。調べたら、「引き換えの紙をなくしてしまうほどのウスラバカなんです」ってことを言いに行くらしいの(笑)

引き換えの紙、どっか行っちゃってんだよなぁ。なんかもう、よく分かんないけどさ、引き換えの紙をなくさないようにって、引き出しに入れてあったのね。入れてあったやつを、「じゃあもう引き換えよう」と思って、新しい古いパスポート…結果ね(笑)新しい古いパスポートを、とりに行かなきゃと思って、引き出しを開けて、入れてあった封筒の中の紙をちょっと引き出したら、「明るい文京区」みたいなの入ってて。

なんか多分、キツネだと思うんだけど(笑)戸籍とかもらいに行くときに、ついでにもらったパンフレットみたいなのは全部入ってるんだけど、ないんだ。

こんな奴、海外に出しちゃダメじゃん。こんなことも出来ない奴、ダメじゃん。なんかそう思ったら、悲しくなっちゃって。「俺は、パスポート一つ更新できないな」ってなっちゃって。「そんな奴が海外に行く権利なんかないさ」と思っちゃって。

今、ここ(笑)



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事