小島秀夫、既存のゲームと同じようなものを作るのだったら「引退」を選ぶと発言「新しいゲームだから作ってるんで」

2019年12月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、ゲームクリエイターの小島秀夫がゲスト出演し、既存のゲームと同じようなものを作るのだったら「引退」を選ぶと発言していた。

伊集院光:今どきのゲームってね、それは売れなきゃダメだから、凄い分かりやすいゲームを作るのが一番です。

小島秀夫:うん。

伊集院光:で、企画書でも分かりやすいものが通るし、もっと言えば「これは、何々のパート2」ですとか、「あれみたいなゲームです」って言うのが残念ながら企画としては通りやすいじゃないですか。

小島秀夫:映画もそうですよね。

伊集院光:ねぇ。

小島秀夫:「何々×何々」みたいな。

伊集院光:に、なるし。あと説明しやすいじゃん、「あれみたいなのが」っていうのが。

中村仁美:想像もしやすいですね。

伊集院光:それと、みんな早くやめるから、つかみが面白い、分かりやすいゲームが絶対流行る。

小島秀夫:ああ、はいはい。

伊集院光:この企画、よく通りましたね。

小島秀夫:うん、そうですね(笑)

伊集院光:はっはっはっ(笑)最初、今みたいな説明をね。それももっと漠然としたやつを、プレゼンテーションというか、主張しなきゃいけないわけじゃないですか。

小島秀夫:はい、はい。

伊集院光:みんなの反応はどうだったんですか?

小島秀夫:スタッフは分かってなかったですね。

伊集院光:はっはっはっ(笑)

小島秀夫:ノーマンも、マッツさんも結構分かってなかったと思います。

中村仁美:分かってないけど、OKみたいな感じで?

小島秀夫:信じてくれた。

中村仁美:ああ。

伊集院光:これがずっと、信頼されるゲームを作ってきて、期待されてたってことだと思うんですよ。

小島秀夫:僕、ジャンルって訊かれるんですけど。新しいジャンルとは言いませんが、新しいゲームなんですね、新しい世界で。

伊集院光:はい。

小島秀夫:それだから作ってるんで。あるもの作るんやったら引退ですよ、もう。

中村仁美:カッコイイ。

小島秀夫:しんどいでしょ、だって。物凄いしんどいんですよ、ゲーム一本作るの。もう大変な思いを…そこが楽しいんですけどもね。世の中にない面白さって、まだいっぱいあるじゃないですか、見たこともない。

伊集院光:うん、うん。

小島秀夫:それを提供して、僕の足跡を見てもらいながら、若者たちについてきて欲しいんで、フォロワーでね。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事