伊集院光、ソニンが「歌のゲスト」ながらイベントでの音響トラブルで進行が止まった時に「一緒に場繋ぎします?」と提案してくれたと明かす

2019年10月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ソニンが「歌のゲスト」ながらイベントでの音響トラブルで進行が止まった時に「一緒に場繋ぎします?」と提案してくれたと明かしていた。

伊集院光:(ソニンは)あのイベントのこと覚えてますかね。

安田美香:イベント?

伊集院光:ちょっとしたイベントで、ソニンさん歌のゲストだったんですよ。

安田美香:へぇ。

伊集院光:ソニンさんはさり気なく言ってるから覚えてないかもしれないけど。イベントでね、途中、停電になっちゃったの。

安田美香:へぇ。

伊集院光:音響装置のトラブルで、自分の司会のマイクとかが一切、活きなくなっちゃって。

安田美香:あら。

伊集院光:でね、その時、一緒に司会をやってた子は、「トラブルじゃしょうがないから」って、楽屋帰っちゃったんだけど。

安田美香:あら。

伊集院光:ソニンさんは、その少し先の歌のスタンバイだったんですけど。

安田美香:はい。

伊集院光:「一緒につなぎます?」って。「え?歌のゲストなのに?」っていう感じだったよ。

安田美香:へぇ。

伊集院光:だからやっぱりこの子は、そういう意味じゃ過酷な芸能界をやってきてるから。

安田美香:ああ。

伊集院光:「いやいや、司会は俺の仕事だから」って、結局、表出てマイクなしで少しつなぐんだけど。

安田美香:ああ。

伊集院光:僕はそのことを凄い覚えてて。

安田美香:へぇ。

伊集院光:「サービス精神が凄いなぁ」っていうのを、僕はそのイベントでめちゃめちゃ覚えてる。

安田美香:ああ、そういうことがあったんですね。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事