高田文夫、「リトルトゥース」としてオードリー若林の結婚を祝福するも「若林、俺のところ電話ないじゃないか(笑)」

2019年11月25日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、「リトルトゥース」としてオードリー若林の結婚を祝福するも「若林、俺のところ電話ないじゃないか(笑)」などと語っていた。

高田文夫:よかったっつったじゃん、オードリーの武道館ライブ。

松本明子:はい。

高田文夫:それでやり終わったら、なんか武道館ロスになったらしいんだよな、アイツ。ふと心が寂しくなったらしいんだ。

松本明子:ああ、そうか。

高田文夫:行くだけ行っちゃったから。

松本明子:力が入ってましたから。

高田文夫:頭が「玉ねぎ!」になっちゃったらしいんだよ。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:そしたら、武道館の通り道の安ーい…「安ーい」って言っちゃいけないんだ、普通のコンビニのイートインっていうの、一人で食べるところあんじゃん。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:終わったっつうのに、そこで一人で食べてたらしいんだよ(笑)

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:アイツは人と交流しないから(笑)

松本明子:可愛い(笑)

高田文夫:打ち上げも行かず、靖国通りのさ、あんだよ。面してるところが。ウチの近くのさ。イートインで一人で食ってんだよ。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:普通、派手にさ、打ち上げワーッてやるじゃない。それを見て、サトミツってよく面倒見る芸人で作家がいるんだよ。

松本明子:はい。

高田文夫:そいつが朝、一番で出てさ。『スッキリ』もやってるから、アイツ。

松本明子:はい。

高田文夫:「あの人はね、イートインで食べてるの見て可哀想になって。僕はね、家庭を持った方がいいですよって、こういう時。家族に祝ってもらいましょうよ、こういうことは」っつって。

松本明子:ああ、後押しがあって。

高田文夫:後押しがあってだろ。だから早かったろ、スピードね。

松本明子:早かった、3月に出会って、8月に付き合って、11月結婚して。

高田文夫:若林、俺のところ電話ないじゃないか(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:そんな親しくないよ(笑)電話ねぇじゃねぇか、若林。どいつもコイツもな(笑)

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:本当だよ。それで若林よかったよね。

松本明子:よかったですね。

オードリー若林、結婚相手の女性に「めちゃめちゃスベって、久しぶりにヘコんでる」とLINEして帰宅したところ「エントランスで出迎えてくれた」と明かす

オードリー若林、結婚直前に語っていた意味深な言葉「女性に承認されるって、宇宙に承認されるのとイコールだと思ってるの、俺は」

オードリー若林、結婚相手の女性は自分と笑いのツボが合った点で「おっ」と思ったと明かす「珍しい人だな」



ビバリー昼ズ

本日の人気記事