千原ジュニア、「ジュニア」の名付けである喫茶店のマスターが亡くなったため線香をあげに行ったと告白

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2024年5月14日放送の読売テレビの番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、「ジュニア」の名付けである喫茶店のマスターが亡くなったため線香をあげに行ったと告白していた。

千原ジュニア:俺が15で入って。で、その時に14歳がチャンス大城。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:俺とチャンスだけ、その若いの。

ケンドーコバヤシ:うん、そうですね。

千原ジュニア:で、15歳で入った時に、せいじは19歳で、今とまた全然雰囲気違うけど、アメリカ村。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:若い子たちが集って、みたいな。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:凄く活気のある。

ケンドーコバヤシ:そうですね。

千原ジュニア:色んな夢を抱えた人たちが、みたいな。で、そこのホワイトロックっていう喫茶店があって。そこに、若い夢を持った、ホンマ腰までの金髪のヘビーメタルバンドで、「俺は世の中へ出て行くぞ」と。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:俳優を目指してて、とか。夢を持った人たち。その中に、俺は芸人でっていう、千原せいじ少年がいて。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、そこに俺もせいじがバイトしてるからって、男の人ばっかり。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、そこ行って遊んでもらってた。で、俺だけ群を抜いて子供やから、「お前、子供やなぁ」って、そこの28歳の当時店長をやってた人が、俺を「ジュニア」って名付けて。

ケンドーコバヤシ:うん。子供やから。

千原ジュニア:子供やから。で、「弟でジュニアっておかしいですよ」って人、たまにいんねんけど。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:それは別にええねんけど、俺は子供のジュニアやねん。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、「ジュニア、ジュニア」って遊んでもらってて。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ほんなら、その名付け親の人が去年、亡くならはって。

ケンドーコバヤシ:あら。

千原ジュニア:で、未だにそのバイトしてたメンバーと俺は、つながりがある。

ケンドーコバヤシ:はい、はい。

千原ジュニア:で、連絡がきて、「今度、線香あげに行かへんか?」って。行きたいって、関西の田舎の方やねんけど。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、日にちを出してくれって、俺、2日出した。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:大阪行ける、関西行ける時に。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:ほんなら、この日は行けるけど、この日はアカン、と。で、カズヤって仲良い奴が植木屋やねんけど。「大阪、飛行機で来んのか?」「うん、伊丹」「俺、伊丹の近所やから、迎えに行くから飲み行こうぜ」って、久しぶりに「行こか」って、行った。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ほんなら、空港着いたら待っててくれて。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:「乗れや」言うたら、もうボロッボロの軽トラやねん。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:荷台にも荷物いっぱい。足元にも道具いっぱいで。

ケンドーコバヤシ:土もついてるような。

千原ジュニア:そう。「そこ乗っかってええから」言うて。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:ほんで、軽トラこんななって。

ケンドーコバヤシ:ありますよね(笑)

千原ジュニア:で、どこ行くねんって、住宅街をブワーッ入っていって、キーッ止まって見たら、自動販売機。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:氷結買うねん、そこで。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:俺、お酒の自動販売機、外にあんの久しぶりに見たわって。

ケンドーコバヤシ:最近見ないですね。

千原ジュニア:見ぃひんやん。東京ないで。ビジネスホテルの中やん。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:で、買ってそれ軽トラの荷台放り込んできよって。

ケンドーコバヤシ:軽トラたるゆえんというか(笑)

千原ジュニア:で、2~3分のところで「家で飲もう」って。

ケンドーコバヤシ:家で飲むんか。

千原ジュニア:で、家で飲んで。息子も23歳で。息子も親父に憧れてなのか、植木屋。よそで植木屋やってんの。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ほんなら、23歳の息子が、週に3回、一緒に住んでんのに電話かかってきて。「親父、飲みに行こうぜ」って、誘われんねんって。そんな幸せなことないで、と。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:息子と飲みたいって。せいじなんか、俺に息子に言うてくれって言うからな。

ケンドーコバヤシ:そうですね(笑)

千原ジュニア:で、俺が言うたら、「NO」って言われて(笑)

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:だから、ほんま息子の方から親父にって、幸せなことやでって言うてて。…で、線香あげさせてもらいに行こうって、電車乗り換えて、乗り換えて。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ほんなら、全然そんなこと知らんかってんけど、家族の人も「喜んでると思います。実は…」って、パッと見たら、俺らの、千原兄弟の当時の新聞の切り抜きとか全部スクラップしてはんの。

ケンドーコバヤシ:ああ、それはね。

千原ジュニア:「え?」って、俺も全然知らんかったから。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ほんで、「ホンマですか」って、「喜んでると思います」って、ジュニアっていうのを、みんなが、色んな方が「ジュニア、ジュニア」って呼んでくれてるのを、嬉しそうに見てましたって。

ケンドーコバヤシ:それはそうやわ。俺がつけたんやって。

千原ジュニア:親やから。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:「あ、ホンマですか。ありがとうございます」って、その人が大好きやったお酒とかいただいて、「ほな帰ります」って。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、出たらホンマの田舎やから、真っ暗やねん。街灯全くないねん。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、俺が先頭歩いててんけど、めちゃくちゃ深い溝、蓋なかってん。

ケンドーコバヤシ:ふふ(笑)

千原ジュニア:バーンって落ちて。ほんなら、後ろ歩いてる奴ら、「脚とれた」思ったみたい。

ケンドーコバヤシ:突然(笑)

千原ジュニア:暗闇でバーン落ちて。ほんで、大怪我、骨折とかそんなん危ないやん。

ケンドーコバヤシ:危ない。

千原ジュニア:あんなん、原チャリとかやったら死ぬで。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:奇跡的にまっすぐドーン落ちて、全く無傷やってん。

ケンドーコバヤシ:ああ、普通に着地できたわけですか?

千原ジュニア:そう。だからホンマ、変な話やけど…

ケンドーコバヤシ:ああ。

千原ジュニア:守ってくれはったんちゃうか、みたいな。でも、守るならこれにせんでええやん(笑)

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア、将来は「お笑い芸人」になりたいという長男が好きすぎる2人の芸人を明かす「何をそんなにってぐらい…」
2024年4月2日放送の読売テレビの番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、将来は「お笑い芸人」になりたいという長男が好きすぎる2人の芸人を明かしていた。 千原ジュニア:6歳の子は、「将来の夢は?」「お笑い芸人です」言うてんね...
ケンドーコバヤシ、千原ジュニアが後輩芸人に大喜利を強要しなくなったことに驚く「ジュニアさんホンマ優しくなりましたね」
2024年4月16日放送の読売テレビの番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、千原ジュニアが後輩芸人に大喜利を強要しなくなったことに驚いていた。 吉本拓:僕は、ハラスメントはあまり受けてないですね。 ケンドーコバヤシ:ああ...
タイトルとURLをコピーしました