オードリー若林、『さよならたりないふたり』で1時間の「打ち合わせ」をすっ飛ばした理由を語る「打ち合わせでツッコまれることが、もう漫才じゃん」

2019年11月9日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、『さよならたりないふたり』で、漫才前の1時間の「打ち合わせ」をすっ飛ばした理由を語っていた。

若林正恭:真ん中に幕があって。9ヶ月ぶりに会うから。

春日俊彰:うん。

若林正恭:3・2・1・0って、幕がバサッと開いたら、山里亮太と俺が9ヶ月半ぶりに目と目が合うっていう状況から始まるライブだったの。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:で、そこだけは、見つめ合ってちょっと間が欲しい、みたいな。

春日俊彰:うん。

若林正恭:演出上、みたいな。で、幕がバサッて、9ヶ月半ぶりに蒼井優と結婚した山里亮太を見たら俺、やっぱ余韻が必要なんだけど、笑っちゃったね、やっぱね(笑)

春日俊彰:ああ。

若林正恭:ニ人ともだけど(笑)幕が下がって、オジさんとオジさんが会うってさ(笑)

春日俊彰:そうだね(笑)

若林正恭:状況的にはなんか、いいシーンではないのよ、やっぱり(笑)

春日俊彰:まぁ、そうだね。別に感動は生まれないよね。

若林正恭:そう、そう。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それで、1時間のネタ作り時間があって、漫才を始めるみたいなルールだったんだけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:ボタンがあって、押したらもう漫才ができますよっていう。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、まぁ1時間だっていうのを教えてくれなくて。多分そうすると、それ用に作っちゃうかな、みたいなところもあったんだろうね。

春日俊彰:ほう、ほう。

若林正恭:で、顔を見たら、山ちゃんの。

春日俊彰:うん。

若林正恭:なんか、俺の中では辻褄めっちゃ合ってるから、俺がなんかおかしいとは思ってなくて。自分では、理屈があるからなんだけども。

春日俊彰:うん。

若林正恭:やっぱり久しぶりに会うとさ、「こういう設定やりたいんだけど、どうかな?」って、なんか照れて。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:なんか聞けないっていうか。で、結局、5分ぐらいかな。ボタンを押しちゃって。

春日俊彰:え?じゃあ、もうやることになっちゃってこと?

若林正恭:そうなのよ。

春日俊彰:1時間もらってたのに?できたのに?

若林正恭:うん。でさ、押しちゃって、俺。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それはでも、理屈的に「こういう設定やるけど、山ちゃんいい?」って訊いて、「ダメだよそんな設定」ってツッコまれることが、もう漫才じゃん、それって。

春日俊彰:ああ、まぁまぁ。

若林正恭:に、できるなって思ったの、テンションが、山ちゃんの。

春日俊彰:なるへそ。

若林正恭:俺はね、そういうちゃんとした理由があってボタンを押したの。

春日俊彰:うん。

オードリー若林、『さよならたりないふたり』の打ち上げに参加しなかったのは山里亮太の一言が原因だったと告白「若林の方が寄せ書き多いな」

オードリー若林、山里亮太と『さよならたりないふたり』で漫才をして改めて感慨「本当に良い同期と巡り会えたなぁ」

山里亮太、オードリー若林が『さよならたりないふたり』で1時間の漫才制作のための打ち合わせ時間をすっ飛ばしたと明かす「めちゃくちゃ怖かった」



オードリーのANN

本日の人気記事