岡村隆史、堤真一が東京国際映画祭のインタビューで「岡村隆史のオールナイトニッポン」と言って歓声が上がったと明かす「後ろにリスナーがいてくれて」

2019年10月31日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、堤真一が東京国際映画祭のインタビューで「岡村隆史のオールナイトニッポン」と言って歓声が上がったと明かしていた。

岡村隆史:レッドカーペットを歩いて、そこから色んな取材受けるんですけど。

あまりこう、なんて言うんですかね、レッドカーペットを歩くっていうのは分かってたんですけれども、そこに記者の方がいっぱいいて、めいめいインタビューされるって言うのは、あんまり…多分、説明はされてたんでしょうけど、僕また案の定、ボーッとしてまして。何も聞いてなかって。

どこに何いるかっていうのが分かってませんでして。レッドカーペットをファーッと歩いていったら、右にテレビカメラやら、左に抽選で当たられた方とか、特別にそのレッドカーペット見れる方が左側に並んではったんですけど。

そこ歩いて行って、なんか階段のとこで写真撮って。司会の方がなんか「それでは…」って、ムービーと写真とっていうのはありまして。

それで、終わりなんかなと思ってたら、今度はそっからインタビューが始まるわけですよ、「めざましテレビです」とか、「グッとラック」ですとか「スッキリです」とか言うて。そこに関係者の方、「こっち行ってください」「あっち行ってください」って、みんながインタビュー受けるんですよね。

で、まぁ「今回、映画どうでしたか?」とか、色々こう格好つけてインタビュー受けてて。僕、全然気づかなかったんですけど、横で「オールナイトニッポン」って聞こえて(笑)「え?」って思ったら、キング三浦が役者さんにインタビューしてて(笑)

「そうか、ニッポン放送もこないしてインタビューとりに来てんねや」って。知らなかったからビックリして。三浦さんが居て、なんか恥ずかしいというかね。ラジオで会う分にはいいんですけど、ああいう場で顔を合わせると「あ、どうも」みたいな、軽い会釈。

ほんま知らなかったです。こうやってニッポン放送がきて、「オールナイトニッポン」って取材受けてること、知らなかったもんですから。どこで何来てんのか分からなかって。横で「オールナイトニッポン」って言うてたから。

我らがキング三浦が、インタビューしてる、役者さんに。「そうか、こっちにも回って来んねや」って。

この番組、色んな取材を受けて最後やったよね。で、もうみんな石原さとみちゃんとか、木村祐一さんやとか、それから関ジャニ横山君とか、もうめいめいバーってやって、で、帰って来て。僕らが最後。僕らと堤真一さんが最後やって、最後どこかって思ったら、まさかまさかのキング三浦が、長いマイク持ってボーッと立ってる(笑)

オールナイトニッポンやったんですよ(笑)で、インタビュー、こっ恥ずかしい。いつもキュー振ってるのがいて、「どうでしたか?」みたいな。ああいうとき、どうやってインタビューしていいかわからへんでしょ。僕も何答えたらいいのか分からんようになってもうて。でも、一応キング三浦、「どうでしたか?」みたいな。

で、最後に堤真一さんに「オールナイトニッポン」言わすっていう(笑)「これはちょっと堤さんに言っていただきたいんですけど」って。堤さんが最後にね、「岡村隆史のオールナイトニッポン」って、最後のコメントがそれやったんですよね。

で、後ろにリスナー何人かいてくれてたんでしょうけども。「岡村隆史のオールナイトニッポン」って堤さんが言ったら、ワーッて拍手起きて。それが最後やって、「ありがとうございました」言うて帰って行って。

それはパーソナリティーですから、もちろんコメントも録りに来てくれてはんねやなぁって思って。

岡村隆史、映画『決算!忠臣蔵』のクランクアップの日に堤真一から飲みの誘いがあったと明かす「ちょっと行こうか」

岡村隆史、映画『決算!忠臣蔵』の密着取材がある中の撮影でセリフの第一声が出ずに堤真一を驚かせてしまう「エエ格好しようと…」



ナイナイのANN

本日の人気記事